fc2ブログ
 
  

指宿温泉の旅:桜島は凄いね!

指宿温泉の《白水館》で砂むし温泉と元禄風呂を満喫した翌朝、部屋の大きな窓から錦江湾の朝日が見えます。絶景ですね。

2016012901.jpg



バイキング朝食のレストランは大いに賑わっています。

2016012902.jpg



たっぷりと美味しい朝食をいただきます。

2016012903.jpg



朝食後すぐに出発といきたいところですが、今朝はコンサートのチケット予約日なんです。家族みんなで電話かけまくりといきたいんですが、残念ながら4人の携帯のうち2台はバッテリー切れ。残りの2台で電話を掛け続けますが、なかなかつながりません。そのうちに、使用中の2台の携帯のバッテリーも怪しくなってきます。とそのときに僥倖。saraiの姉のかけていた携帯がチケット窓口につながりました。順調にチケットを購入し終わった途端、その携帯はバッテリー切れ。ハラハラドキドキのチケットゲット劇でした。
これで上機嫌になったsaraiは、ルンルンで車を発進。桜島に向かいましょう。
道の傍らには菜の花がドライブを応援してくれています。そういえば、指宿で菜の花ウォークがあるという話です。ここは菜の花の里なんですね。

2016012904.jpg



錦江湾沿いに車を走らせますが、空気が霞んでいて一向に桜島が見えません。

2016012905.jpg



やがて、前方にうっすらと山影が見えてきます。きっと桜島でしょう。

2016012906.jpg



だんだんと山の形がはっきりとしてきます。確かに桜島のようですね。

2016012907.jpg



山の頂点のぎざぎざも分かるようになってきます。

2016012908.jpg



桜島が大きく見えるようになり、桜島へのフェリー乗り場に近づきます。

2016012909.jpg



桜島フェリー乗り場に着きました。やがてフェリーへの乗船が始まります。

2016012910.jpg



フェリーに乗船です。

2016012911.jpg



乗船して、停止位置に誘導されます。

2016012912.jpg



車を降りて、デッキに向かいます。中央に見えている黒いプリウスαがsaraiのレンタカー。

2016012913.jpg



デッキからは桜島の雄姿が眺められます。

2016012914.jpg



フェリーが出航して、港を出ていこうとします。

2016012915.jpg



陽光を浴びてきらきらと輝く錦江湾をフェリーは進みます。桜島からのフェリーとすれ違います。

2016012916.jpg



たった20分程で桜島に到着。フェリーから車が順次、桜島に上陸します。

2016012917.jpg



展望台から、桜島の御岳(おんたけ)を眺めましょう。展望台に向かう途中、ドライブインから御岳を眺めます。ドライブインの塔の上にはお茶目に桜島大根のオブジェが飾ってあります。

2016012918.jpg



再び車を走らせながら、草原からの御岳の姿を眺めます。

2016012919.jpg



有村溶岩展望所に到着して、駐車場に車を停めます。さて、どの道を通って展望台に行けばよいのか分からずに迷っていると、配偶者がさっさとお土産物屋さんのおばさんに道を聞いています。道を聞くだけでは申しわけないので、何かお土産物を買いましょう。帰りに寄るからねと約束して、溶岩の中の道を展望台に向かいます。

2016012920.jpg



すぐに展望台に到着。素晴らしい眺めです。ここから見えているのは南岳。中岳と北岳はその後ろに隠れているようです。

2016012921.jpg



桜島にゆかりの句碑や歌碑があります。

2016012922.jpg



溶岩台地の上に散策路があります。錦江湾も見えます。

2016012923.jpg



錦江湾の上には怪しげな黒雲がかかってきました。急いで見物しないといけませんね。

2016012924.jpg



もう一度、南岳を眺めます。その後ろの中岳?もちらっと見えるようです。

2016012925.jpg



駐車場に戻り、お土産物をお買い上げ。桜島大根の漬物をいくつかゲット。これが生の桜島大根です。でっかいですね。

2016012926.jpg



今度はもっと近くから御岳を眺めましょう。湯之平展望所までやってきました。ところが残念ながら山の頂上には雲がかかっています。

2016012927.jpg



それでも展望塔の上からは素晴らしい錦江湾の眺めです。

2016012928.jpg



この展望塔の案内板に驚くべき事実が書かれています。鹿児島湾(錦江湾)は何と巨大噴火で空いた穴に海水が流れ込んで出来たものだそうです。つまり、外輪山が錦江湾の海岸線ということです。その後の噴火で中央に盛り上がったのが桜島です。

2016012929.jpg



雲間から、その錦江湾に美しい光のすじが差し込んで素晴らしい景色になっています。

2016012930.jpg



これで桜島観光はおしまいにしましょう。山道を下って、フェリー乗り場に戻ります。

2016012931.jpg



フェリーで鹿児島市に戻ります。鹿児島といえば、とんこつラーメン。有名店でいただきますが、それは別記事でご紹介します。
ラーメンを食べた後は実家に帰りますが、鹿児島市内を走っていると西郷隆盛にご対面。上野公園の銅像とは違って、犬を連れていませんよ。

2016012932.jpg



指宿温泉と桜島を満喫した旅になりました。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR