FC2ブログ
 
  

梅雨の時期に行く京都の旅:すべて氷解したインクラインの謎

2012年6月27日水曜日@京都/6回目

インクラインって何なのか・・・これは次に見つけた琵琶湖疏水の説明板に詳しく書かれていました。


fo_KoFWDqD0e7f.jpg



ここ蹴上の船溜りと南禅寺の船溜りの間の傾斜に線路を作り、その線路の上に船を乗せた台車を巻き上げたのがインクラインだということです。このインクラインを挟んで、琵琶湖と蹴上の間の水路と、南禅寺の船溜り(水路閣とは別のところ)から鴨川の間の運河を船が航行したということですね。ですから、南禅寺の水路閣はあくまでも琵琶湖疏水のひとつの水路であって、インクラインとはつながっていなかったんです。また、インクラインで台車をワイヤーで引き上げる動力にも水力発電で得た電気が使われたそうです。素晴らしいシステムだったんですね。大きな導水管も展示してありました。


D36ESD3s50a944.jpg



坂道に敷設されたインクラインの線路も残っていました。


NQ326AWbOd509c.jpg



インクラインの説明板もあり、すべての疑問が氷解しました。


dqLh059H697b50.jpg



南禅寺の水路閣やインクラインについて、まったく誤解していました。というか、先人の偉大な業績をまったく理解していませんでした。己の無知を恥じるばかりです。
インクラインを通行した台車も船を乗せた姿で展示されていました。


QAw5n7DxjYf4c8.jpg



この木造船は復元したものだということです。


xxGj0LNx874adb.jpg



木造船を乗せた台車は真横から見たほうが様子が分かりやすいです。これがインクラインの正体だったんですね。


gsPZ5mFHeQ396d.jpg



インクラインの線路につながる疏水の水路を跨ぐ橋がちょうどいいところにありました。この橋の上からインクラインの様子がよく見えるでしょう。


5W9_QLI8Ck99cc.jpg



橋の上から見た水路とインクラインの眺めです。水路からインクラインの線路が伸びているのがよく分かります。こうやって、水路を航行してきた木造船が台車に乗せられて、この蹴上と南禅寺の低地との間を行き来していたんです。昔の姿が偲ばれます。


nPAtAZ2BALbe95.jpg



橋から水路の逆の方向を眺めてみます。


2EA5953q1J268c.jpg



水路はトンネルの中に消えていきます。こうやって、船は琵琶湖方面に進んでいけるようです。


MpYR4LgtWk975b.jpg



南禅寺にインクラインを見るために出かけて、そこでは水路閣を見て、さらに導かれるように疏水の水路沿いを歩き、蹴上に辿り着き、水力発電所の存在に驚き、その先でインクラインの真実を知ることになりました。
琵琶湖疏水はトータルなシステムとして作り上げられていて、この蹴上まで琵琶湖から水を引いてきて運搬に利用し、その後は発電や疏水として利用したんですね。南禅寺の疏水を始め、哲学の道の疏水や鴨川に流れ込む疏水など京都の街中のあちこちでその色々な姿に出会うことになるようです。

面白いものを眺めて随分遠くまで歩いてきてしまいましたが、いったいここはどこなのでしょう。地図を調べると、幸いにも近くに地下鉄の蹴上駅があるようですから、そこから地下鉄で三条京阪まで出ましょう。疏水を跨ぐ橋に別れを告げ、橋から続く坂道を下っていきます。振り返って、最後に橋を眺めました。疏水・インクラインを巡る旅はおしまいです。


x1Dw7Q3Ymrc00b.jpg



坂道の先に大きな道路が見えてきました。この道路の下に地下鉄が走っているんでしょう。


gcSrVDYfQO46a4.jpg



広くて立派な道に出ましたが、地下鉄の駅がどこにあるのか分かりません。結果的に逆の方に歩いてしまいました。


1YIllITcUTde15.jpg



そこにあった広大な施設は蹴上の浄水場でした。配偶者がここの警備員の方に駅の場所を訊きにいってくれました。


Jbnu2n2uve4d17.jpg



駅に向かう途中、浄水場の中の浄水設備の一部が見えました。


mSav7tv4cVddcf.jpg



やっと蹴上の駅に着きました。ほっ・・・疲れた!


CBcN5vxhyZ8ae6.jpg



ここでまた、びっくり。通りの反対側に目をやると、インクラインの高架線と思われる煉瓦造りのものが見えました。


yTGUqAguaxa820.jpg



地下鉄東山線に乗って、三条京阪に向かいます。この後も京都散策は続きますが、それは次回で。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : 京都旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR