FC2ブログ
 
  

ハーレム~ライデンの1日:スパールネ川の跳ね橋~バーケネッセル運河~ハーレム駅

2015年6月26日金曜日@アムステルダム~ハーレム~ライデン/12回目

スパールネ川Binnen Spaarneに架かる白い跳ね橋Gravestenenbrugの上を歩きます。

2016022901.jpg



跳ね橋の中央部へはかなりの傾斜がついていて、高く上っていきます。

2016022902.jpg



跳ね橋の対岸には切り妻屋根の美しい建物が並んで建っています。

2016022903.jpg



跳ね橋の最高点からスパールネ川の西方向を望んだところです。左の岸辺には先ほど見たレストラン・ボートが見えています。

2016022904.jpg



さて、ここから跳ね橋を降りて橋の袂に戻ることにします。

2016022905.jpg



ハーレム駅の方に向かうことにしましょう。スパールネ川から、そこに流れ込んでいるバーケネッセル運河Bakenessergrachtに沿った道を歩きます。

2016022906.jpg



運河の向こうにバーケネッセル教会Bakenesserkerkの尖塔が頭を覗かせています。

2016022907.jpg



ナウウェ・アッペラール通りNauwe Appelaarsteegの角にさしかかると、その路地の先に聖バフォ教会Grote of Sint-Bavokerkの尖塔の先っぽがちょっとだけ見えています。

2016022908.jpg



少し運河沿いに進むとバーケネッセル教会Bakenesserkerkの尖塔の全体が見通せます。なかなか立派な塔ですね。

2016022909.jpg



バーケネッセル運河を進んでいきます。両側の通りには煉瓦造りの立派な建物が並んでいます。

2016022910.jpg



運河沿いの通りは路地の雰囲気たっぷりで花やベンチで飾られています。

2016022911.jpg



やがて、運河沿いの道は突き当たりになります。道標が立っています。ここで道標の示す《デ・アドリアーンMolen De Adriaan》の方に行っていればと悔やまれます。とても美しい風車が見られた筈だったんです。Molenが風車を現す単語だということが分からないsaraiの語学力の欠如のためです。
気が付かずに、反対方向の左の方に曲がってしまいました。

2016022912.jpg



あーあ、コルテ・ヤンス通りKorte Jansstraatに行ってしまいます。

2016022913.jpg



この先、ヤンス通りJansstraatで右に曲がって少し進むと、ニーウェ運河Nieuwe Grachtに架かるヤンス橋Jansbrugに出ます。もうここからは直接は見えませんが、ニーウェ運河がスパールネ川に合流するポイントにデ・アドリアーンの風車が立っているんです。

2016022914.jpg



あまりに風車を見逃したのが残念なので、行ったつもりになってGoogle Mapから借用した画像を掲載します。これが対岸から見たデ・アドリアーンの風車です。美しい風車ですね。

2016022915.jpg



デ・アドリアーン風車を見逃したsaraiは、一路ハーレム駅を目指して歩いています。ヤンス通りをどんどん進みます。周りには煉瓦造りの美しい建物があります。これは、現在はコンピューターのソフトウェアの会社Widgets BVが入っている建物です。

2016022916.jpg



これは、その隣の建物。その前にハーレム駅への道標が立っています。

2016022917.jpg



アルコールに程よく酔って、ふらふら気持ちよく運河沿いや路地を歩き、ハーレム駅に戻ってきました。楽しかったハーレム観光も終了です。
ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2016022918.jpg



ところで、ここまでハーレムの散策を続けてきましたが、ハーレムの街の名前は何か引っかかるものがありますね。そうです。ニューヨークのハーレムの方が地名としては有名ですね。実はニューヨークのハーレムは、新大陸に渡ったオランダ人が故国のハーレムの街を懐かしんで、ニューハーレムと命名したのがその起源だそうです。ですから、このオランダのハーレムがオリジナルの地名だそうです。

次はライデンLeidenに向かいましょう。ここでsaraiは、バスでライデンに行こうと配偶者に提案します。電車より少々時間はかかりますが、街中を行くバス旅は違った面白さがありますからね。駅前のターミナルのバスの多さを見ても、ライデン行きのバスはきっとあるはずです。電光掲示板を見ると、すぐにライデン行きのバスを発見。15分おき位にあるようですが、次のバスはもう5分後に来るようです。バスでライデンに向かうことに決定。早速、バス乗り場に直行。

2016022919.jpg



ライデン行のバスはすぐにやってきました。バスに飛び乗ります。もちろん、OVチップカールトでチェックインします。

2016022920.jpg



これから、ライデンへのバス旅が始まります。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR