FC2ブログ
 
  

納得のシューベルト・・・ロータス・カルテット・リサイタル@SQSサルビアホール 2016.3.11

シューベルトの弦楽五重奏曲、特に最初の2楽章はパーフェクトな演奏。シューベルトがいかに天才であったかを鮮やかに示してくれるような演奏でした。それにしてもロータス・カルテットの豊かな響きは圧倒的です。チェロのペーター・ブックも加わっての弦楽五重奏はちょっとした室内オーケストラなみの響きがホールを包み込みます。聴衆が100名のSQSサルビアホールの小さなホールは室内楽に最適です。このシューベルトの名曲は彼の死のわずか2か月前に作曲されたもので、シューベルトらしい美しい旋律に加えて、がっちりした骨格を持っています。シュトゥットガルトを本拠地に活動しているロータス・カルテットはドイツ的な骨太の響きでこのシューベルトを演奏します。ですから、ロータス・カルテットにとって、この曲はシューベルトの弦楽四重奏曲よりも相性がよいように思えます。もちろん、第2楽章の繊細な表情も見事に表現していましたけどね。第1楽章のダイナミックな表現、第2楽章のロマンの香りがこぼれ落ちんばかりの究極の表現を聴いただけで、もうしばらくはシューベルトを聴かなくてもいいかなと思うほど堪能しました。第3楽章は乗りに乗った圧倒的な響きで弾きまくってくれます。あまりここで弾き過ぎたせいか、第4楽章は音楽的な精度がそれまでに比べて、今一つになったのは残念でした。それでも生演奏の凄さを味わえた体験になりました。期待を上回る演奏でした。予習で聴いたメロス・カルテット(師匠筋にあたるようです)&ロストロポーヴィチも真っ青のような素晴らしい演奏でした。

前半のベートーヴェンの弦楽四重奏曲 第14番も同様に豊かな響きが印象的なとても美しい演奏。十分に満足できるものでした。ベートーヴェンの最高傑作のひとつである、この作品をここまで表現できるとは、凄いカルテットです。それも正統的なドイツ音楽のがっちりした演奏であることに驚かされます。

今日のプログラムは以下です。

  弦楽四重奏:ロータス・カルテット
  チェロ:ペーター・ブック(元メロス・カルテット)

  ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第14番 Op.131

   《休憩》

  シューベルト:弦楽五重奏曲 D.956


今回、ロータス・カルテットは初聴きでしたが、今後、要チェックのカルテットです。このリッチな響きでのシューマン、ブラームスを聴いてみたいと思います。
最後に今回のコンサートに向けての予習CDをご紹介しておきます。
まず、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲 第14番。今更、予習でもありませんが、最高の名曲なので予習というより、楽しみで聴きました。

 ブッシュ四重奏団(1936年) アドルフ・ブッシュ&ブッシュ四重奏団/ワーナー録音全集
 ヴェーグ四重奏団(1973年) 新盤の仏Naive盤
 スメタナ四重奏団(1984年) DENON盤

次に、シューベルトの弦楽五重奏曲。

 ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団&ヴァイス(1950年)
 メロス四重奏団&ロストロポーヴィチ(1977年)
 エマーソン四重奏団&ロストロポーヴィチ(1990年)
 


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ロータス・カルテット,

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ブログ運営者様
先日連絡したTripPartner運営事務局です。(https://trip-partner.jp/ )
弊社海外情報メディアとの相互送客、もしくは弊社サイトでの記事執筆(2500円~4500

10/11 14:45 スカウトチーム

たまらんさん

saraiです。来年5月の一世一代のプロジェクト、着実に進めています。さて、どうなりますか・・・。

コンセントの変換器ですが、ロードウォーリアという優れ

10/03 08:35 sarai

ご無事でなによりです。
この壮大な計画を見てしばらくボーっとしていました。アゼンというか
凄いですね。ウィーンのレポートのお礼を言うのも忘れてしまいました。
あり

10/03 06:22 たまらん

たまらんさん

saraiです。一応、ご希望に沿いましたが、いかが?

09/29 14:51 sarai

マドレーヌさん、配偶者です。

お褒め頂き、ありがとうございます。

馬子にも衣装ですね。

この着物は、結城紬です。

母から譲り受けたもので、私のお気に入りです。

09/29 14:49 sarai

こんにちは。

毎日ブログを楽しみにしておりました。
もう旅も終盤ですね。

今日のお二人のお衣装素敵ですね。
奥様のお着物は大島紬でしょうか?
さりげなくそしてシッ

09/28 17:51 まどれーぬ

演奏会へのお写真、期待しております。
ウィーンの美味しいお店情報も楽しみです。

09/27 20:52 たまらん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR