fc2ブログ
 
  

ユトレヒトの1日:ドム教会でユトレヒト室内音楽祭のコンサート

2015年6月27日土曜日@アムステルダム~ユトレヒト/2回目

ユトレヒトUtrechtのドム教会Domkerkの前で、ユトレヒト室内音楽祭のコンサートを待つ大行列に並んでいます。行列の先頭はドム教会の入口の辺りのはずですが、ここからは見通せないほどの行列です。

2016031501.jpg



このドム教会前広場Dompleinには、行列以外の人はほとんど見当たりません。行列は広場をぐるりと回り込んで続いています。

2016031502.jpg



列が少しずつ進んでいきます。ようやく行列が入口に吸い込まれていくところがみえてきました。行列の左側になんだか変な人形が見えますね。

2016031503.jpg



ドム教会に向かい合って立つドム塔Domtorenの前近くに来ました。堂々と聳え立っています。

2016031504.jpg



ドム塔と人形の間を行列は進んでいきます。

2016031505.jpg



ドム教会の壁面には教会内部の様子がドーンと描き込まれ、その前にはちょっと場違いな松明を持つ女性像があります。これって何?

2016031506.jpg



先程から側面が見えていた人形の正体は、これでした。子供がミッフィーに張り付いています。ミッフィーは、ユトレヒト出身のアーティスト、ディック・ブルーナによって生み出されたものです。それにしても、これまた場違いの場所に置いてあると思ったら、今年2015年はミッフィー誕生の60周年だそうです。「 ミッフィー アートパレード 」と題して、オランダ各地で45体のミッフィー像が展示されており、これもそのひとつ。ちなみに6日前の6月21日が、ミッフィーの60回目の誕生日だったそうな・・・。日本でも15体のミッフィー像が展示されているそうです。これら60体のミッフィー像はオークションにかけられて、収益金はユニセフに寄付されるとのことです。ミッフィーは、オランダ以外では日本で大人気なんですね。

2016031507.jpg



おやおや、この広場では樹木もドレスアップしてますね。これまた、場違いな・・・。もっとも、これがお国柄なんでしょうか。国によって、文化の違いがあるものですね。

2016031508.jpg



広場から続くミッデン・ネーデルランド・ルーテ通りMidden Nederland Routeが見えます。この通りは南に伸びており、ユトレヒトの町の骨格のようになっています。

2016031509.jpg



かなりミッフィーから離れました。列はじりじりと進んでいきます。それなりの席が確保できるか、気持ちが焦ります。

2016031510.jpg



ようやくチケットを提示して教会に入ります。これがネットで購入したチケットです。

2016031511.jpg



少し横っちょですが、それなりの席を確保。まあまあでしょう。ほっとしました。

2016031512.jpg



どんどん聴衆が入ってきます。後方にも多くの人たちが並びます。

2016031513.jpg



上方にはパイプオルガンが見えます。

2016031514.jpg



教会の最後部まで人が入っています。教会は音は響くので聴こえるんでしょうね。

2016031515.jpg



そろそろ開演の時間です。会場内も落ち着いてきました。

2016031516.jpg



開演です。プログラムはバッハの室内楽。教会の長い残響の中で初めて音楽を聴く体験になりました。無事にコンサートを楽しめて、まあ満足というところ。間近に見たジャニーヌ・ヤンセンは美人でスタイル抜群、ヴァイオリンも見事でした。このコンサートの詳細はここです。

コンサートの後は少し居残って、ドム教会の内部を見学します。ゴシック様式の素晴らしい内部空間です。

2016031517.jpg



後方には石像が横たわっています。お墓でしょうか。

2016031518.jpg



さらに見て回ろうとすると、内陣の先には何もなし。

2016031519.jpg



変だなと思いますが、実はこのドム教会はドム塔を鐘楼とする巨大なカテドラルの聖歌隊席の翼廊部分なんだそうです。カテドラルの中央部分と身廊は17世紀の大きな竜巻で倒壊して、現在のドム教会とドム塔(鐘楼)のみが残ったそうです。その倒壊した身廊の跡地が、現在のドム教会前広場なんだそうです。どれだけ凄い竜巻だったんでしょう。当時、このカテドラルはオランダ最大の教会で、ドム塔は今でもオランダで一番高い塔なんだそうです。びっくりです。そう言えば、さっき変に思った外壁に描かれた教会内部の絵は、あれで正しかったんですね。あれは外部でありながら、内部でもあるという2面性を表していたんでしょう。

ドム教会を出ると、そのドム塔が聳えています。112mの高さです。上まで上るとユトレヒトの町が一望できるそうです。

2016031520.jpg



これは昔の参事会会館として創設されたもので、現在は19世紀末にネオ・ルネッサンス様式で改装されてユトレヒト大学本部になっています。前に立つ銅像はオランダ建国の祖の一人であるヤン・ファン・ナッソーです。

2016031521.jpg



これがドム教会の全体像です。たしかにカテドラルの一部分という形ですね。

2016031522.jpg



さて、今日はオランダのお友達と待ち合わせをしています。夕方からのコンサートをご一緒するのですが、その前におしゃべりと街歩きもしようということになっているのです。待ち合わせ時間までに少し時間がありますから、ユトレヒトの町を把握しましょう。ユトレヒトはオランダ第4の町。大きな町ですが、コンパクトにまとまった町で市街地の中心から端まで15分ほどで歩けます・・・とツーリスト・インフォメーションのおばさんに紹介されました。ツーリスト・インフォメーションはドム教会前広場に面したところにありました。市内地図をここでゲット。地図を見ながら、ぶらぶらしましょう。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR