fc2ブログ
 
  

ユトレヒトの1日:オルゴール博物館の後、お友達とランチへ

2015年6月27日土曜日@アムステルダム~ユトレヒト/3回目

ユトレヒトUtrechtの街歩きを、ドム教会Domkerkの前の広場Dompleinから始めましょう。

2016031601.jpg



さて、どこへ行きましょう。頭上ではずっと、教会のカリオンが鳴り響いています。ドム塔Domtorenを抜けてセルヴェト通りServetstraatを進んでいくと、どんどん人が増えて通りは人で一杯です。すぐに運河に出ます。アウデグラフト運河Oudegrachtです。岸辺までの段差があります。この深く切り込んだ運河がユトレヒト名物です。岸辺にはカップルもいます。気持ちよさそうですね。

2016031602.jpg



ユトレヒトで有名なのはミッフィーです。でも、ミッフィー博物館は街の一番はずれにあるのでパス。さほどに興味もないしね。近くにあるオルゴール博物館Museum Speelklokに行ってみましょう。マールテンス橋Maartensbrugを渡って、ブールケルクホフ通りBuurkerkhofの路地に入ります。路地から振り返ると、ドム塔が大きく聳え立っています。ドム塔はユトレヒトの町のランドマークです。どこからも見えて、これを目印にしていれば道に迷うことはありません。

2016031603.jpg



ドム塔を背にしながら、ブールケルクホフ通りを進みます。

2016031604.jpg



すぐにオルゴール博物館に到着。ミュージアムカードで無料で入れます。案内パンフレットによると、古い教会を利用した建物の2つのフロアに、オルゴールがたくさん展示されているようです。

2016031605.jpg



古めかしいオルゴールがあります。

2016031606.jpg



教会の建物の名残りもあり、パイプオルガンもあります。もしかしたら、パイプオルガンもオルゴール?

2016031607.jpg



これは円盤型の精巧なオルゴールですね。

2016031608.jpg



なかなか充実した展示です。オルゴールには大して興味はないのですが、じっくり見ると面白いかもしれませんね。お友達との待ち合わせ時間があるので、さらりと眺めたところで待ち合わせ場所に向かいます。オルゴール博物館を出ると、再びアウデグラフト運河に出ます。そこに、ミッフィー誕生の60周年記念の「 ミッフィー アートパレード 」の45体のミッフィー像の1体があります。なんだか、落書きしたようなデザインです。

2016031609.jpg



運河沿いに歩き、先ほど渡ったマールテンス橋に近づきます。きっきのカップルはまだ岸辺で語り合っていますね。

2016031610.jpg



ドム塔を抜けて、待ち合わせのドム教会前の広場に向かいます。

2016031611.jpg



すぐにお友達と出会えました。お昼をかねて、じっくりおしゃべりを楽しみましょう。ぶらぶらと街歩きをしながらレストランを探しますが、その前に夕方のコンサートの会場を下見しておきます。会場は別の教会です。またまたアウデグラフト運河のマールテンス橋を渡ります。運河をクルーズ船が航行していきます。いいなあ・・・時間さえあれば乗りたいところです。

2016031612.jpg



マールテンス橋を渡ったところですぐに左に折れて、賑やかなレインマクルクト通りLijnmarktを進みます。

2016031613.jpg



レインマクルクト通りをまっすぐに南下し、そのままアウデグラフト運河沿いのアウデグラフト通りOudegrachtをさらに南下。10分ほど歩いたところで右折してゲールテ通りGeertestraatに入ります。閑かで素敵な路地です。路地の突き当りには、目的地のコンサート会場、ゲールテ教会Geertekerkの建物が見えています。

2016031614.jpg



土曜日だからでしょうか、この路地ではご町内でお掃除をしています。

2016031615.jpg



掃除の後でランチでもするのでしょう。テーブルも用意されています。地域のコミュニティ活性化はどの国でも重要なことですね。

2016031616.jpg



夕方からのコンサートが行われるゲールテ教会に到着。コンサートが始まるのは5時ですから、まだ4時間以上先なんです。もちろん、まだ誰も来ていません。

2016031617.jpg



ここへは開演時間に戻ってくることにして、ランチをいただきましょう。お友達のご推奨のレストランに向かいます。
緑濃いスタツバイテングラフト運河Stadsbuitengracht沿いを歩いて、レストランまで楽しい散策です。

2016031618.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2016031619.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR