FC2ブログ
 
  

梅雨の時期に行く京都の旅:美しき日本庭園の無鄰菴

2012年6月27日水曜日@京都/1回目

梅雨の時期の京都の旅、4日目です。
今日も晴れています。雨を覚悟の旅だったのに有り難いことです。やはり雨は歩きづらいものね。
京都らしく、リゾートマンションの庭も綺麗な和風庭園で茶室まで付属しています。


lUf8rU7hnRe5f0.jpg



今日は近場の南禅寺で、インクラインを見ましょう。配偶者が気になってしょうがないようですから。南禅寺は、リゾートマンションからすぐそこです。
今夜は新幹線に付いてきたおまけのホテルに移動するので、荷物を片付けチェックアウトします。南禅寺に向かう途中に、山形有朋の別荘の無鄰菴(むりんあん)があります。ちょっと寄ってみましょう。


PkJZjjnaufe0a5.jpg



無鄰菴の詳しい説明がありました。山形有朋が地元の長州に建てた草庵が隣家のない閑静な地にあったことから、この名が付けられたそうです。もちろん、無鄰菴の名のついた別荘は長州にあった草庵でしたが、山形有朋はその名が気に入ったのか、彼は別荘にその名前を付け、ここにある無鄰菴は正式には第3無鄰菴です。しかし、今では無鄰菴と言えば、この第3無鄰菴のことを指すようです。
庭は平安神宮の庭を作庭した小川治兵衛が手掛けたそうですから、期待できそうですね。


_XTMtRnVff5e05.jpg



その期待どおり、入ってビックリ素晴らしいお庭です。お寺の庭園とはどこか雰囲気が違います。


dcm_aN3U_S33c1.jpg



庭の中央には水の流れがあり、とても綺麗です。


90fc5eL0fu6e6a.jpg



その庭園にぴったりの木造の2階建ての日本家屋も立派です。


tixSFoybFW1940.jpg



この日本家屋に寄り添う青もみじが美しい彩りになっています。


YDTX4FHr8qe8c0.jpg



庭はなかなか広く、ゆっくりと散策が楽しめます。在りし日の山形有朋もこうして庭を巡ったのでしょう。


XODjNk7wYXd43f.jpg



庭の奥の方から見ると、日本家屋の美しさが分かります。


sSMbv4HQAa225d.jpg



庭は水を中心に石と緑をたくみに組み合わせた作りになっていて、水辺を気持ちよく歩くことができます。動きながら、風景の変化を楽しむ趣向になっているようです。


3ZbeJwTplN51e9.jpg



それにしてもこの庭には豊富な水とそのまわりの開放的な芝生があります。お寺の庭との大きな違いです。同じ池泉回遊式庭園といってもこちらは広々とした空間に広がる浅い池が特徴となっており、近代的な日本庭園です。


daPqd1lYH98827.jpg



その水の流れの源にたどり着きました。滝のように水が流れ落ちています。琵琶湖疏水の水を引き込んでいるようです。やはり、明治の元勲たる山形有朋の権勢の大きさを感じます。


ahlYSP04UL6c49.jpg



敷地の片隅には白壁の洋館もあります。ちょっと寄ってみましょう。


lFCft33kbOe9e3.jpg



中に入って、2階への綺麗な階段を上ります。


62Mt5_lqyY71a2.jpg



2階には豪壮な狩野派の壁画に飾られた立派な洋間があり、古びた応接セットが置いてあります。ここで日露戦争前夜の外交方針を決めた無鄰菴会議が行われたそうです。メンバーは山形有朋のほか、伊藤博文、桂太郎、小村寿太郎の4人という錚々たるお歴々です。ここに日本の歴史のひとこまがあったんですね。


e_RrLajzvt8343.jpg



1階に下りると、そこは重い扉のある蔵になっていました。


K4g51Uec3t356f.jpg



純然たる和風庭園と洋館の組み合わせ、まさに和洋折衷ですが、saraiの目から見ると、この洋館は歴史的な価値はさておき、美的センスでは今一つでした。
洋館を出て、庭に馴染んで立っている石灯篭の見事さに惹かれました。この無鄰菴はあくまでも日本的な美の世界です。


7OHQzsCCN5927d.jpg



ところで、この無鄰菴の細い路地を隔てたお向かいには、なんと京懐石の有名店瓢亭の本店との暖簾がでてます。が、崩れ落ちそうな古い平屋の建物で、古々しい土間の台所で大勢の男の人が忙しそうに動いています。どこで食事をするのかも想像出来ません。ちょっと外に出てきた若い職人風の人に訊いてみると、間違いなくここが瓢亭本店で、隣りに続く別館でお食事を頂くそうです。是非どうぞと言われましたが、敷居が高過ぎるとお断りしました。


CHOnn98SiHd3cd.jpg



この後、南禅寺のほうに歩きますが、それは次回で。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : 京都旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR