FC2ブログ
 
  

フェルメールとレンブラント展@森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ) 2016.3.24

まだ見たことのないフェルメールの作品がやってきたということで久々に美術館に出かけることにしました。六本木ヒルズの52階にある森アーツセンターギャラリーで開催中の《フェルメールとレンブラント展》です。タイトルには少し違和感があります。何故って、フェルメールとレンブラントの作品はそれぞれ、たった1点きりですからね。とは言え、saraiの目的はあくまでもフェルメールの1点狙いですから、それはそれで構いません。事前にこれまでsaraiが見たフェルメールの作品はどれくらいあるのかチェックしてみました。国内でのフェルメール展とヨーロッパの美術館で見たフェルメールです。フェルメールと言えば、アメリカの美術館に多く所蔵されているので、今後ともアメリカに行くつもりのないsaraiは見られない作品があります。ウィキペディアでチェックすると一応、フェルメールの作品数は37点ということになっています。このうち、saraiがはっきり見たことが分かっているのは23点でした。今回見る作品はニューヨークのメトロポリタン美術館からの出展なので、見逃せません。これで24点目になります。
これが《フェルメールとレンブラント展》のパンフレットです。もちろん、目玉のフェルメールがバーンと印刷されています。

2016032501.jpg



チケットは一人1600円。配偶者と二人ですから高額です。しかも見たい作品は1点のみ。

2016032502.jpg



入館して、軽くささっと展示作品を見ながら、心はフェルメールに一目散です。中ほどにフェルメール展示室があります。おおっ、意外に空いていますね。日本でのフェルメール人気も以前ほどではないのでしょうか。
ともあれ、ぐぐっと作品に近づいて、食い入るように鑑賞します。

《水差しを持つ女》です。1664年 - 1665年頃に描かれたフェルメール32~33歳頃の作品です。

2016032503.jpg



パッと見た印象はフェルメールにしては少し精密さに欠けるという感じ。しかし、じっと見ていると、その第1印象は違って見えてきます。特に女性の頭巾を透かして光が顔を照らしている美しさは何とも言えない素晴らしさ。画面全体の気品あふれる感じはフェルメールの全作品のなかでも1、2を争います。《天秤を持つ女》と似たような上品さですね。
女性の視線はどこを見ているのか、定かではありません。saraiの勝手な思いでは光の差してくる窓の向こう・・・永遠の深淵を覗いているのではないかと感じます。無論、彼女の視線を通して、フェルメールが永遠の一瞬を画面に捉えようとしています。永遠の空間にはあふれんばかりの光が輝いているのでしょう。そういうとりとめのない考えがこの絵画を見ていると頭の中に浮かんでは消え、また、新たな想念が浮かびます。
フェルメールの作品では、《デルフトの眺望》と《牛乳を注ぐ女》の2点が一番好きですが、次いで好きな作品として、この《水差しを持つ女》と《天秤を持つ女》が並ぶことになりました。

美しい作品を見て、とても満足できる時間が持てました。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR