fc2ブログ
 
  

束の間のアントワープ:美しきアントワープ中央駅

2015年6月29日月曜日@アムステルダム~アントワープ~ゲント/2回目

高速列車タリスはオランダ最後の停車駅ロッテルダム中央駅Rotterdam Centraalを発車し、目的地アントワープAntwerpenに向かいます。
ロッテルダム中央駅前の高層ビルを通り過ぎます。

2016032901.jpg



駅周辺のビル街を抜けていきます。

2016032902.jpg



ロッテルダムの町を抜けると、ホランス・ディープ川Hollandsch Diepに架かる長大な橋梁を渡ります。ホランス・ディープ川はニューウェ・メルウェデ川(ライン川起源)とアメル川(マース川起源)が合流して流れる川ですが、ここはちょうどその合流ポイントです。つまりホランス・ディープ川はここから始まりますが、20km流れただけで別の2つの川に分岐してしまいます。

2016032903.jpg



川沿いに風力発電ユニットが並んでいますね。

2016032904.jpg



ホランス・ディープ川を渡り終えると、オランダならではのまっ平らな畑が続きます。

2016032905.jpg



そろそろアントワープかなと思う頃に車掌さんが周ってきて検札があり、慌てます。購入したチケットはシニアチケットなので、年齢確認のためにパスポート提示を求められるかと思いましたが、残念ながら年相応に見られたようで何もお沙汰はなし。

2016032906.jpg



アントワープが近づき、タリスはスピードを落とします。電車を降りる準備をします。網棚に上げた荷物をエイヤッと下します。降車口に向かうと、またまた通路を荷物が塞いでいます。車掌さん、ちゃんと指導お願いしますね。

2016032907.jpg



アムステルダムからわずか1時間ほどで、フランダース地方最大の町アントワープに到着です。アントワープは駅が凄いと聞いていたのですが、確かに凄いです。アントワープの地下プラットホームからエスカレーターの先に美しいアントワープ中央駅Antwerpen-Centraalの装飾が見えます。

2016032908.jpg



エスカレーターで1階上に上ると、アントワープ中央駅のバラ窓のある壁面と光あふれるガラスの大天井がよく見えます。

2016032909.jpg



鉄の骨組みとガラスでできた美しい天井を見上げます。緻密な模様も見てとれます。荷物を放り出して写真を撮りまくります。

2016032910.jpg



地下のプラットホームを見下ろします。地下プラットホームは2段に重なっており、一番下のホームはとても深くなっています。

2016032911.jpg



ここでの課題は、荷物を預けることです。アントワープで数時間の観光の後、ゲントに向かいます。その間、駅で荷物を預ける必要があります。コインロッカーを探します。すぐに発見! でも、なんだか様子が変です。赤ランプの付いているものが多いのですが、青ランプのものもドアが開きません。我々以外のアジア系の2人組とバタバタしますが埒があきません。

2016032912.jpg



配偶者が、駅員を探しに行き連れてきます。駅員もどうしようもないようで、壊れてるのだから他に行けばとのこと。コインロッカーを探して移動します。別のコインロッカーを発見しましたが、そこも大騒動しています。それでも、なんとか使えそうなものを見つけて確保。

2016032913.jpg



次の課題は、コインです。料金は1つ4.5ユーロ。なんでそんな半端な料金なのかしらね。4ユーロにすればいいのに・・・。今朝、枕銭を置くのに小銭を整理したばかりです。恐る恐る財布の中をチェックすると、ありました! 奇跡に近い感じで、小銭をかき集め入れます。コインロッカー2つに荷物を全部押し込みます。コインロッカーの前では、まだ悩んでいる旅行者達がウロウロしています。

2016032914.jpg



取り出し番号の書かれた紙をプリントアウトし、ほっと一安心です。この紙がキーの代わりです。

2016032915.jpg



さあ、身軽になりました。駅舎を見てまわります。まるで大聖堂のような輝きがあります。美しい駅の写真を撮りまくります。

ホールの美しさに釘付けになります。プラットホームとの間の壁面は、上部の大きなガラス窓から明るい光が差し込みます。壁面の美しい装飾も素晴らしいです。1895年から10年を費やして造られた芸術品のような駅舎です。

2016032916.jpg



巨大なホールの全景を見通すことは難しく、ぐっと下がって眺め直します。ホールの天井はドームになっていて、高いところから光が降り注いできます。

2016032917.jpg



これはホールの別の壁面です。素晴らしい装飾です。

2016032918.jpg



さらにプラットホームの反対側の壁面を眺めます。そちらにはチケットの窓口があります。

2016032919.jpg



この駅舎を見るだけでもアントワープを訪れる価値があります。次はプラットホームの方にまわってみましょう。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR