FC2ブログ
 
  

束の間のアントワープ:フロン広場からノートルダム大聖堂へ

2015年6月29日月曜日@アムステルダム~アントワープ~ゲント/6回目

アントワープAntwerpenの街歩き中です。ルーベンスの家Rubenshuisのあるワッパー広場Wapperからメール通りMeirに戻って、ノートルダム大聖堂Onze-Lieve-Vrouwekathedraal Antwerpenに向けてメール通りを進みます。正面に高層ビルが見えてきます。ビルの上にKBCの文字が見えますから、ブーレントーレンBoerentorenという高層ビルのようです。このビルは、先ほどの高層ビルアントワープタワーAntwerp Towerよりも高いビルです。何やら、ヨーロッパで一番最初に建てられた高層ビルだそうです。しかし、このビルよりもノートルダム大聖堂の塔の方が高いというのですから、驚きです。

2016040201.jpg



メール通りの傍らに大きな彫刻が置かれています。《大きな手》です。アントワープの町の名前の由来は、ウェルペンWerpen(意味は手)とアントAnt(意味は投げる)の2つの単語を合成したものです。シュヘルド川で猛威となっていた巨人の手を、勇敢なローマ兵士が切り取って投げたという伝説に基づいています。この《大きな手》の彫刻は、このアントワープ伝説を形にしたものでしょう。

2016040202.jpg



メール通りを抜けて大通りに出ます。トラムの走る通りで停留所Antwerpen Meirbrugがあります。目の前には、高層ビルブーレントーレンが聳え立っています。

2016040203.jpg



大通りのスクーンマルクト通りSchoenmarktを進みます。左手に綺麗なスクレインウェルケルス通りSchrijnwerkersstraatがあり、ベルギーチョコレートの有名店ゴディバがあります。

2016040204.jpg



この路地を過ぎてすぐに古い礼拝堂Kapel Onze-Lieve-Vrouw Geboorteがあります。

2016040205.jpg



礼拝堂の上を見上げると、可愛い聖母子像がこちらを見下ろしています。

2016040206.jpg



やがて、フロン広場Groenplaatsに到着。広場の先にはノートルダム大聖堂が見えます。うっ、これは天を突き刺すような巨大な尖塔です。

2016040207.jpg



フロン広場の中央に進んでいきます。

2016040208.jpg



広場は何かのイベントの後片付け中のようで、雑然としています。月曜日の午前中なので、週末のイベントの片づけがまだだったんでしょう。

2016040209.jpg



これは、フロン広場のルーベンスの銅像とノートルダム大聖堂です。立派ですね。

2016040210.jpg



別の角度からも1枚。絵になりますね。

2016040211.jpg



大聖堂に向かって進みます。大聖堂の側面が近づいてきます。

2016040212.jpg



広場の周辺にはお店が立ち並んでいます。スタバがあるのは今時ですね。

2016040213.jpg



大聖堂の正面入り口に向かって、賑やかなヤン・ブルーム通りJan Blomstraatを歩きます。

2016040214.jpg



路地から頭上を見上げると、大聖堂の尖塔が空高く聳え立っています。

2016040215.jpg



大聖堂前の広場に抜けます。そこにもカフェやレストランが並んでいます。

2016040216.jpg



路地の出口には、大聖堂の前に彫刻があります。大聖堂を作る場面なんでしょうか。比較的、最近のもののように見えます。

2016040217.jpg



遂にノートルダム大聖堂の前に立ちます。凄いファサードです。圧倒的です。ストラスブール大聖堂を思い起こします。この大聖堂は尖塔が左の1本だけです。右側は完成しなかったようです。まあ、1本だけでも十分に迫力があります。

2016040218.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2016040219.jpg



しばらく、この大聖堂の姿を鑑賞しましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR