FC2ブログ
 
  

束の間のアントワープ:ノートルダム大聖堂には圧巻のルーベンスの名画

2015年6月29日月曜日@アムステルダム~アントワープ~ゲント/11回目

ノートルダム大聖堂Onze-Lieve-Vrouwekathedraal Antwerpenに入って、ルーベンスを鑑賞します。この教会は入場料が必要です。教会としての機能はもう果たしていないようですね。
1人6ユーロの入場料です。でも、写真はノーフラッシュで自由に撮れるようです。

2016040801.jpg



日本語のパンフレットをいただきます。《フランダースの犬》がらみで日本人に人気の教会ですから、ちゃんと日本人向けのパンフレットは用意されています。

2016040802.jpg



大聖堂に入ると、いきなり美しいステンドグラスが目に飛び込んできます。

2016040803.jpg



そして、大聖堂の内部の広大な空間が見えてきます。ゴシック様式の美しい空間です。

2016040804.jpg



側廊には美しい絵画が展示され、まるで美術館のようです。

2016040805.jpg



大聖堂は3廊式のゴシック様式です。

2016040806.jpg



クロッシングの前まで進みます。大きな十字架が吊るされています。

2016040807.jpg



クロッシングの大きな十字架の先に主祭壇が見えています。修復を続けてきた大聖堂は白い壁が美しく輝いています。

2016040808.jpg



主祭壇前の右手にルーベンスの最高傑作の《キリスト降架》がありました。ネロ少年が見られなかった名画ですね。日頃ルーベンスを敬遠しているsaraiも、この作品の圧倒的な迫力は認めざるを得ません。構図といい、細部の描き込みといい、文句なしの傑作です。しばし、この絵の前に佇みます。

2016040809.jpg



次は左側に移動し、ペアとなるルーベンスの《キリスト昇架》を見ます。これも同様に素晴らしい傑作です。ルーベンス渾身の作品ですね。saraiはやはり、《キリスト降架》が好みです。

2016040810.jpg



クロッシングの中央に戻り、頭上のドームを見上げます。高いドームの天井には素晴らしそうな絵が描かれていますが、何せ遠すぎてよく見えません。残念。

2016040811.jpg



ズームアップしてみましょう。コルネリウス・スヒュットが描いた聖母被昇天です。

2016040812.jpg



クロッシング中央からは十字架、パイプオルガン(20世紀に作られたメッツラーオルガン)、ステンドグラスが美しく並びます。

2016040813.jpg



主祭壇前から後方を眺めます。19世紀に作られたパイプオルガン、スヒエイヴェンオルガンが見えます。

2016040814.jpg



主祭壇にはルーベンスの描いた祭壇画《聖母被昇天》が飾られています。この教会はまさにルーベンスの教会のようです。

2016040815.jpg



祭壇の前の方に周り込んで、そこから後方を眺めます。

2016040816.jpg



上の方まで眺めてみましょう。クロッシングの上方のドームも少し見えています。

2016040817.jpg



祭壇の天井は美しいリブ・ヴォールトになっています。

2016040818.jpg



主祭壇の上方の空間です。なんて美しいんでしょう。

2016040819.jpg



大きなステンドグラスの前にひっそりとピエタ像が置かれています。心が洗われます。

2016040820.jpg



もう少しだけ、この美しい空間に身を置きましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR