FC2ブログ
 
  

束の間のアントワープ:アントワープに別れを告げて、ゲントへ

2015年6月29日月曜日@アムステルダム~アントワープ~ゲント/14回目

アントワープAntwerpenの《中世の小道》(フラーイケンスガングVlaeykensgang)を満喫して、アントワープの街歩きを終了。プレメトロPremetroという地下を走るトラムでアントワープ中央駅Antwerpen-Centraalに戻ることにします。地下駅のあるフルン広場Groenplaatsに向かいます。アウデ・コールンマルクト通りOude Koornmarktを歩いていると、巨大なノートルダム大聖堂Onze-Lieve-Vrouwekathedraal Antwerpenの姿が目に飛び込んできます。

2016041101.jpg



やはり、大聖堂がアントワープの象徴です。これが見納めです。じっくりと目に焼き付けましょう。

2016041102.jpg



もう大聖堂の尖塔は見えませんが、傍らの路地の先に大聖堂の側面が見えています。

2016041103.jpg



フルン広場のプレメトロ駅に到着。駅にはチケット窓口があります。

2016041104.jpg



この窓口で、フランダース地方の公共交通機関で利用できる10回券を購入。2人で使います。

2016041105.jpg



地下のホームに下りると、多くの乗客がプレメトロの到着を待っています。

2016041106.jpg



駅員さんに10回券の使い方を確認すると、2回機械に通せば2人で使えるよとのこと。そこへトラムが入ってきます。たった1両の可愛い電車です。配偶者が思わず可愛い!と言うと、駅員さんも笑っています。早速、乗り込みましょう。

2016041107.jpg



5分でアントワープ中央駅最寄りのDiamant駅に到着です。急傾斜のエスカレーターで地上に向かいます。

2016041108.jpg



すぐにアントワープ中央駅の構内に入ります。派手な売店が目に付きます。Fruits to Goと書いてあります。チョコレートでコーティングしたイチゴを販売しているようです。やはりベルギーはチョコレートの国ですね。

2016041109.jpg



すぐにゲントGent行の電車(IC)があるようです。あと15分くらいで出発です。

2016041110.jpg



電車のお供にワッフルを買っていきましょう。駅構内にワッフルのお店があります。

2016041111.jpg



さきほどのイチゴも気になりますけどね。

2016041112.jpg



でも、やっぱりワッフルにしましょう。ベルギーでの初めてのワッフルです。売店の調子のよいお兄さんとおしゃべりしながら購入です。写真を撮ってもいいかと聞くと、ワッフルはすべて2ユーロだけどお兄さんの撮影料は高額(ミリオンユーロ)とのことで、ワッフルだけを撮影(笑い)。

2016041113.jpg



急いでコインロッカーから荷物を取り出しましょう。コインロッカーの操作マシンには、何と日本語モードが装備されています。

2016041114.jpg



荷物のチケットをこのマシンにかざすと、簡単にコインロッカーの扉が開きます。

2016041115.jpg



荷物を取り出してホームに向かいます。ここからのベルギー国内移動はすべてファーストクラスです。ネットで格安のチケットを購入済です。シニア用の往復チケットです。片道よりも往復チケットの方が安く、さらにシニアチケットなので、ファーストクラスでもたったの13ユーロ。ベルギーはシニアにはとっても優しい国で、チケットもとっても安く買えます。

2016041116.jpg



ファーストクラスの車内はがらがらです。ワッフルを食べながら快適に過ごせそうです。

2016041117.jpg



やがて出発時間になり、電車はアントワープ中央駅を滑り出ていきます。美しい鉄とガラスの大屋根から抜け出しそうです。

2016041118.jpg



美しいアントワープ中央駅にお別れです。

2016041119.jpg



アントワープからゲントまでの鉄道ルートを地図で確認しておきましょう。

2016041120.jpg



ゲントまでの1時間弱の短い鉄道旅を楽しみます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR