FC2ブログ
 
  

ゲント散策:ゲントではボートハウスに宿泊

2015年6月29日月曜日@アムステルダム~アントワープ~ゲント/16回目

ゲントGentに到着です。ゲント・ダンボールト駅Gent-Dampoortの前に出ます。駅前に駐輪されている膨大な自転車はオランダと同様です。

2016041301.jpg



駅前の通りを渡ったところで駅を振り返ります。はっきりした駅舎は見えませんね。

2016041302.jpg



10分ほど歩くと、レイエ川Lysのほとりに出ます。この辺りはポルトガンダPortus Gandaというマリーナになっていて、多くのボートが係留されています。その1つがホテルになっています。ゲントでは、ボートハウスのホテルに泊まるんです。それも2泊です。

2016041303.jpg



駅からここまでのルートを地図で確認しておきましょう。

2016041304.jpg



なかなか立派なボートハウスです。

2016041305.jpg



こちらがボートハウスのホテルの入り口ですね。ホテルの名前はHotel The Boatel。

2016041306.jpg



ホテルのオーナーが出迎えてくれます。荷物を持ってボートまで運んでくれます。ありがとう!

2016041307.jpg



ボートハウス内のレセプションでチェックインしながら、四方山話です。

2016041308.jpg



レセプションルームの隣にはレストランルームが見えます。ボートと言ってもなかなか広いですね。

2016041309.jpg



これがボートへの入り口です。

2016041310.jpg



横広の窓からはレイス川が見えています。

2016041311.jpg



お部屋は、入ってみればホテルと同じですけどね。ちょっと気分は違います。ベッドはなかなか広くて、快適に眠れそうです。

2016041312.jpg



デスクも使いやすそうです。もちろん無料のWIFIでインターネットに接続できますから、PCの作業もスムーズにできそうです。

2016041313.jpg



部屋の窓からもレイス川を眺めることができます。

2016041314.jpg



ボートハウスとは言え、バスタブもちゃんとあります。

2016041315.jpg



早速saraiがPCを立ち上げて、WIFI接続の作業を始めます。配偶者はその間、岸からのボートハウスチェックに出かけます。これがレイス川の岸辺です。マリーナになっています。

2016041316.jpg



ボートハウスのホテルの全景です。大きなボートですね。今は係留されていますが、ちゃんと航行できるそうです。

2016041317.jpg



これがsaraiたちの部屋です。saraiがPCの前で作業中です。

2016041318.jpg



これがボートハウスのレセプションルームです。

2016041319.jpg



ボートハウスに戻ります。

2016041320.jpg



ボートのデッキの上に出ます。いかにも気持ちよさそうです。

2016041321.jpg



デッキの上からの川の眺めです。この辺りはマリーナですから、ボートがびっしりと係留されています。ゲントの町はこのマリーナ(昔は港)を中心に水運で発展してきました。シュヘルド川とレイス川の合流点で交易に便利だったようです。

2016041322.jpg



さあ、出かけましょう。今回の旅の最大の目的はバーフ大聖堂の祭壇画《神秘の子羊》を見ることです。公開時間の5時までに残すところ1時間ほどです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR