FC2ブログ
 
  

ゲント散策:市庁舎~コーレンマルクト~レイエ川(グラスレイ/コーレンレイ)

2015年6月29日月曜日@アムステルダム~アントワープ~ゲント/20回目

修復工事中の聖バーフ大聖堂Sint-Baafskathedraalに一度目をやって、聖バーフ広場Sint-Baafspleinを起点に街歩き開始です。

2016041801.jpg



市庁舎Stadhuis Gentの方に歩き出すと、すぐにチョコレート屋さんがあります。いかにもベルギーらしいですね。

2016041802.jpg



鐘楼と繊維ホールBelfort en Lankenhalleの横を抜けると、市庁舎の南ファサードの前に出ます。

2016041803.jpg



市庁舎の向かいの建物には美味しそうなビストロもあります。名前は《神秘の子羊》です。

2016041804.jpg



再び市庁舎を見上げます。この南ファサードはルネサンス様式です。

2016041805.jpg



市庁舎を過ぎて、レイエ川Lysの方に歩きます。ハウデンレーウ広場Goudenleeuwpleinに出ます。

2016041806.jpg



広場には聖ニコラス教会Sint-Niklaaskerkが堂々とした姿で建っています。聖バーフ大聖堂にも引けをとらぬ巨大建築です。これは教会の北面です。

2016041807.jpg



鐘楼の方を振り返ります。鐘楼の手前には大屋根のあるシティホールStadshalが見えています。色んなイベントが催されるホールです。

2016041808.jpg



聖ニコラス教会の北側のクライン・トゥルカイエ通りKlein Turkijeを歩きます。行く手にはコーレンマルクトKorenmarktが見えています。

2016041809.jpg



コーレンマルクトKorenmarktに出ました。ここが旧市街の中心です。

2016041810.jpg



コーレンマルクトの西側に建つ大きな建物は、時計塔のついたネオ・ゴシック建築の郵便局Oud Postgebouwです。現在はショッピングセンターになっています。

2016041811.jpg



コーレンマルクトの東側には聖ニコラス教会の西側のファサードがあります。トゥルネー地方産の青い石を使った13世紀のスヘルデ・ゴシック様式の荘厳な建物です。

2016041812.jpg



青空を背景にすっくと立つ聖ニコラス教会の雄姿は素晴らしいです。

2016041813.jpg



北に伸びるコーレンマルクト通りの西側には、郵便局を始め立派な建物が続きます。かって食物の市場だった界隈には、ギルドハウスの建物が多く並んでいます。

2016041814.jpg



郵便局の建物の南東の角がコーレンマルクトと聖ミッシェル・スロープSint Michelshellingが交差するところで、まさに旧市街の中心です。ここに道標が立っています。

2016041815.jpg



こちらがレイエ川に向かう聖ミヒエル橋通りSint-Michielshellingです。スロープの先は川を渡る聖ミヒエル橋Sint-Michielsbrugになっています。

2016041816.jpg



反対方向を眺めると、聖ニコラス教会の先に鐘楼と聖バーフ大聖堂が並んでいます。

2016041817.jpg



旧市街の壮大な建築群に圧倒されながら、レイエ川の方に向かいます。ゲントがこんなに素晴らしい街とは思いもしませんでした。圧倒されまくりながら、聖ミヒエル橋通りを上って聖ミヒエル橋の上に立ちます。まず、レイエ川の北方向を眺めます。雄大な景色が広がります。川の右側すなわち東側はグラスレイGrasleiと呼ばれ、川の左側すなわち西側はコーレンレイKorenleiと呼ばれています。これがゲントを代表する景色であり、過去のゲントの富の集積した場所でもあります。この景色にはsaraiもくらくらっとしてしまいます。凄い!!

2016041818.jpg



こちらがレイエ川の南方向です。川の右側の大きな建物は聖ミヒエル教会Sint-Michielskerk、その先は大学の建物が続きます。

2016041819.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2016041820.jpg



この後はレイエ河畔をぶらぶら歩いてみましょう。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

sarai様、
お久しぶりです!お元気ですか?
楽しく拝読していますよ。
ベルギーもいいですねええ。
やっと子羊までたどり着いたのに、まだまだかな。
6月、ウィーンにちょっと旅します。ついでにインスブルクに
山を見に行きます。たまには気分転換です!

返事遅れてごめんなさい

えりちゃさん、saraiです。

配偶者の実家に行っていたので、大変、返事が遅れました。

ベルギーは現在、大変な様子ですが、とても風光明媚なところでした。《神秘の子羊》はもう少しお待ちください。
4月をやめて、6月のウィーンにしたんですか。インスブルックはアルプスが綺麗ですね。綺麗な空気を味わってください。7月にザルツブルグ音楽祭に行く途中でそのあたりを通過する予定です。1か月違いでお会いできませんね。

No title

sarai さん、ご無沙汰しています。Steppke です。
今、ウィーンの空港で、これからベルリンに向かうところです。
セキュリティが厳しいかと思って早目に来ましたが、普段通りで拍子抜けです。ヒマなので、記事とは関係無いコメントを。
昨晩、Theater an der Wien で Cappriccio に行きました。演奏はすごく良かったのですが、舞台は酷かったです。新聞には、ゾンビ Capriccio とか、眼を閉じて聴いた方が良いとか書かれています。今回、ウィーンではこれだけで、寂しいことに Staatsoper にも Volksoper にも行きませんでした。
ウィーンはとても良い気候で、もっとゆっくりしていたかったのですが、寒いベルリンに行きます。好きなオペレッタの為で仕方ありません。

No title

Steppkeさん、saraiです。

やっぱり、ネットでお話しするのもウィーンってことになるんですね。そうですか、Theater an der Wien の Cappriccioって、よさそうだったのにね。やはり、Staatsoperで見るものなんですね。それにしても折角ウィーンに行って、 Staatsoper にも Volksoper にも行かないとは驚きです。
ベルリンでオペレッタを十分、楽しんでください。
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR