FC2ブログ
 
  

若冲と裏磐梯の旅:五色沼をハイキング、まず、毘沙門沼

福島県立美術館で若冲展を見た翌日、今度は自然を楽しみます。

裏磐梯高原をハイキングします。ハイキングなんて久しぶりです。
五色沼自然探勝路ハイキングというコースを歩きます。片道1時間ちょっとで歩けるそうです。
出発するのは、昨夜泊まった裏磐梯ロイヤルホテル。このホテルが五色沼の入り口に建っています。駐車場に愛車を置いて、ハイキングし、帰りはバスを利用します。ホテルのスタッフの方からあらかじめ、バスの時刻表をいただきました。
では、出発。これはホテルの全景です。


umPPNizdGja32a.jpg



ホテルの前の橋を渡りますが、橋の名前は《ごしきばし》。ハイキングにふさわしいですね。


UidPSwf0Yqd5aa.jpg



幹線道路の459号線を渡ると、五色沼の標識が出ています。


qpOFJrI7U72748.jpg



林の中の道を五色沼の方へ歩きます。木々の中の新鮮な空気を吸って、元気いっぱい。


o01Qkh8qvn93e6.jpg



やがて、ハイキングコースの起点となる裏磐梯ビジターセンターが見えてきました。しかし、何やら黄色い声で騒がしい・・・どうも、子供たちの遠足とぶつかってしまったようです。


MrsN6cyypO82b2.jpg



ハイキングコースの案内板を見ていると、子供たちの大集団が通り過ぎていきます。これはまずいなあ。静かな自然を楽しめません。


ZLEhl4Y31Oc823.jpg



ビジターセンターの先に最初の沼が現れました。毘沙門沼です。何とsaraiの大好きな手漕ぎボートがあるではないですか。これは大いなる誘惑です。これはぐっとこらえました。そんなに悠長なことを言っていると、帰りのバスに乗り遅れます。


Dm8P_w2hXJf0dc.jpg



五色沼の案内板がここにもあります。五色沼という名前の沼があるわけではなく、点在する沼の全体の呼称が五色沼です。それも五色沼だから、五つの沼かと思ったら、もっと沼はあるようです。と思っていると、例の小学校の遠足はまず、ここで記念撮影を始めました。この隙に乗じて、急いで先に進みましょう。


oU2eQASJxJbefd.jpg



ハイキングコースは毘沙門沼に沿って、整備されています。横目に毘沙門沼を見ながら、進みます。


91uhuUOf2gfc13.jpg



木立越しに沼が見えます。青もみじもとても綺麗です。


GtCCQT63aea567.jpg



開けたところからはこんな美しい風景。雲さえなければ、磐梯山の姿も望めるはず。これは残念です。


LRKnuvaPBn65b4.jpg



ハイキングコースは実によく整備されていて、要所要所には木橋がわたしてあります。ぐんぐん歩いて、大分、黄色い声が遠くなってきました。


DuVd_MK9RIfc0c.jpg



毘沙門沼は結構大きな沼で、行けども行けども、どこまでも続いています。


YZKRp7rXu92393.jpg



毘沙門沼は途中、狭まったところがあり、そこには鯉が泳いでいます。ガイドブックによると、赤いハートマークの模様の鯉もいるとか。


JKDSvQm1K7a39e.jpg



また、沼は広がってきました。


_ZPWvWN1evc294.jpg



沼の周りの木々が水面に映り込んで、とても綺麗です。


NEry8b5C8Z7bfd.jpg



また、木の板を張った道。この道を上がっていきます。


UhLbCC627E2451.jpg



すると、別の道と合流するポイント。ここには熊注意の看板。冗談かと思ったら、実際、熊よけの鈴を鳴らしながら歩いている人もいました。自然を甘く見てはいけないかも。


w6ULIMeyMkb1b6.jpg



展望台のようなところに毘沙門沼の表示杭が立っています。


tlNYhcfDdK4fca.jpg



ここからの眺め、とても美しいです。遠くに見える山はやはり磐梯山ではなさそうですけどね。


Z51tw0J_up153f.jpg



清流を渡る小さな橋です。ここが毘沙門沼の端っこのようです。


HR1dczHqeC5f61.jpg



橋の上から見ると、清流が沼に注ぎ込んでいるようです。


jhjDgt4iS6c2df.jpg



この後、美しい自然の中、さらに五色沼のハイキングコースを進みます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : 旅行、旅、ドライブ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR