FC2ブログ
 
  

若冲と裏磐梯の旅:五色沼のハイキングも人の関わり合いとともに

裏磐梯高原の五色沼をハイキングしています。
これからは毘沙門沼を離れて、森の中の小路を進みます。とてもいい雰囲気だし、空気も清々しいです。


RAg5JHCwAE2241.jpg



2つめの沼が木々の間から、目に入ってきました。緑色の沼です。


CNgZiIYoJ97e42.jpg



赤沼です。緑色なのに、何故、赤沼? 


9mtLtf9px8183b.jpg



その答えはコレ・・・緑色の沼に、苔などの植物により、所々、赤茶色の部分があるからだそうです。ちょっと、無理がありますね。


7v_xnwtBZ4d206.jpg



次の沼が見えてきました。多分、これがみどろ沼。


L0vXSazX9hdf50.jpg



渓流の小さな滝もあります。名もない滝でしょう。


khs9OF2KVz8ee4.jpg



これはあまり、よく見えませんが多分、竜沼。一応、位置的にそうだと判断しました。昔はよく見えていたそうですが、木々の成長で見えにくくなったそうです。


sCYhg1ZN9qd797.jpg



渓流の美しいポイントに出ました。ベンチもあり、休んでいる人たちもいます。山のハイキングでは、出会う人たちと必ず挨拶しますが、ここで出会った人たちとももちろん、ご挨拶。ところが、その人たちとその後、意外な場所で再会しますが、このときはそんなことは想像もしていません。それもその筈、saraiたち自身、この後の行動はまだ明確に決めていないんですから。


__U4cjYbPV41b3.jpg



ここから、また、森の小路。


fy_PpUVJCue625.jpg



木立を透かせて、沼が見えてきました。


NGU68SDhXRa330.jpg



とても大きな沼です。それに美しい水面。


ZLSaUCPd7H77b9.jpg



沼には多くの水草が茂っています。


L9Rc_CpOim9b87.jpg



木立の間から美しい沼が見えます。


L1VaS6Vg2ze134.jpg



ハイキングコースは結構、多くの人がまばらな間隔で歩いています。仲間意識も感じます。言葉を交わすことはありませんけどね。


fHwYkQUt1W8858.jpg



美しい沼は弁天沼でした。五色沼では毘沙門沼に次ぐ大きさの沼です。


7vpTT48GGQe78a.jpg



弁天沼は水草が茂っているために水際でもなかなか見通すことができません。嬉しいことに道の脇に木造りの展望台がありました。


HCljjGeDXp6cf9.jpg



そこからの眺めです。青い沼と背景の山並み、とても素晴らしい!


cfZaVYnTKZ70fc.jpg



しかし、この展望台の先は上り道になっていて、少し高いところからは、沼を見ることができました。展望台がなければ、沼は見えないと思っていたんですけどね。


JZ_8RXR4W87da3.jpg



弁天池を過ぎると、次の沼がちらっと見えてきました。きっと、青沼でしょう。


vnPJc_V6GZ5946.jpg



ここで、何故か、気配を感じて、後ろを見ると、さっき通り過ぎた渓流を渡っている若い女性の姿が目にはいりました。ええっ、もしかして、あっちにも行けるのかな。急いで、そこに戻って、女性の後を追います。渓流を渡って、進みましょう。


jYbki3cD7q0fb5.jpg



危ないところで、瑠璃沼を見逃すところでした。これも小さいけれど美しい沼です。案内板でも立ててくれないと分かりませんよ。


IEnJp8RMPsb528.jpg



先にそこに着いていた若い女性は地元のかたで、親切に説明してくれました。ここからは本来ならば、沼越しに磐梯山が望めるそうです。残念ながら、今日は雲で磐梯山はすっぽり覆われています。


T1G8OQlyk_5750.jpg


毘沙門沼のほうから来たことを言うと、その女性はこの先、青沼は水際に下りる道があり、是非、そこから、青沼を見ること、そして、その先には、少し道から外れて歩くことになるけど、遠藤現夢という人の巨大な岩の墓があり、恐ろしいくらいのものだと話してくれました。では、そのアドバイスを参考に歩きましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : 旅行、旅、ドライブ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR