FC2ブログ
 
  

若冲と裏磐梯の旅:桧原湖と磐梯山、そして、猪苗代湖

桧原湖と磐梯山をよく見ましょう。
そのために別のビューポイントに移動しましょう。まず、桧原湖。道沿いによく見える場所を配偶者が発見。ようやく、桧原湖をしっかり見ることができました。大きな湖で全景は見ることができません。


020JAbeEWV1ca9.jpg



湖面には遊覧船が浮かんでいました。遊覧船に乗れば、もっと、よく湖を見ることができるでしょうが、今日はもう横浜に戻らないといけません。このあたりでもう一泊というのもなくはないですが、日程的にも、財政的にも却下。遊覧船は乗りません。


Rx_wCnRNmE1f4e.jpg



次は磐梯山。これは磐梯高原ドライブで磐梯山近くに行ってみましょう。かって有料道路だった磐梯山ゴールドラインが無料化されて、県道になったそうです。無料大好きのsaraiと配偶者はそれにとびつきます。この山岳コースのドライブロードは桧原湖あたりから、磐梯山の横を抜けて、猪苗代湖まで達することができます。
取り壊し中の料金所をフリーで抜けて、まず、黄金平という展望スポットへ。山の裏に荒涼たる磐梯山がくっきりと見えました。磐梯山は明治21年の大噴火で磐梯山の連山をなしていた小磐梯が崩壊。その傷跡が裏磐梯からは明瞭に見て取ることができます。左側の稜線がそうです。


OfIR9OkaDJbf1f.jpg



この小磐梯の崩壊した跡は爆裂噴口という、恐ろしげな名前が付いています。


SymYsMUTnx6549.jpg



これが小磐梯の崩壊した爆裂噴口でしょう。


kOL6t2OjN87a30.jpg



もう一度、撮影スポットを探して、裏磐梯からの磐梯山の全景を撮ってみましょう。いかかがでしょう。左手前には、愛車プリウスも写り込みました。


6pyy6qBjdBd3b6.jpg



次にまた展望のよさそうなパーキングに車を停めます。眼下に猪苗代湖を望めます。生まれて初めて見た記念すべき猪苗代湖。霞んで、ぼーっとしか見えませんが、それも風情でしょう。


HKx6dg6UNO2353.jpg



一方、磐梯山は少し雲隠れ中です。特に山頂が見えません。


EooDgVXdPF70c3.jpg



これは少し粘って、雲が移動するのを待ち、ばっちり山頂を撮影。全景はすっきりとはいきませんでしたけどね。


ut5XXFNGp1ae92.jpg



次に山湖台という展望スポットに移動。ここからはもう少し、猪苗代湖が見えましたが、明瞭とは言えません。後で湖に下りていって、直接湖面を拝見しましょう。


hX8Ktth8iAbf79.jpg



一方、磐梯山はすっかりと雲に隠れてしまいました。山の天気って、こんなものですね。


KNXUkczwkC488e.jpg



磐梯山ゴールドラインを下りて、猪苗代湖の近くまでやってきました。今度はここから、表磐梯(こういう表現はないかもしれませんが、裏ではないという意味です)からの磐梯山を拝見しましょう。微妙に山頂に雲がかかっていますが、これはよく見えたほうでしょう。裏磐梯からの荒々しい表情と打って変わって、優しく堂々たる姿ですね。もちろん、裏磐梯からとは左右逆の形になっています。


jNuH4XCTOY08f1.jpg



猪苗代湖の遊覧船乗り場にやってきました。遊覧船に乗るためではなく、猪苗代湖を間近に見るためです。生々しい湖の姿を見ることができました。なーんにもありませんけど、それでいいんです。それが自然です。目には優しいブルーの風景です。


6MSVL_5jIWdf27.jpg



ちょうど、白鳥の形をした遊覧船が停泊中です。湖の観光船といえば、白鳥の姿が定番ですね。


QtyKzuMfr7909e.jpg



この遊覧船乗り場は翁島港というようです。若い男性3人組が湖を見ながら、感傷にふけっているようです。saraiが近づくと、その中の一人が高級なデジタル一眼レフを差し出して、3人の記念写真を撮ってほしいとのこと。何だか、微笑ましいですね。3人の友情・・・これから女性がからんでくるんでしょう。


e2DIUkqMTs060e.jpg



しばらくすると、白鳥号に寄り添うようにもう一隻の観光船が入港してきました。まあ、その姿と言ったら、配偶者と二人でバカ受けでした。まあ、見てやってください。感想はご自分でどうぞ。ところで写真では分かりませんが、このカメ君は塗装が傷んで、痛々しい状態。何とか、ヴォランティアでもいいので、ペンキを塗ってやりたいものです。貴重な船ですからね(笑い)。


odaox7q7nV37f9.jpg



これが最後に撮影した夕暮れの磐梯山です。結局、最後まで雲が邪魔してくれました。


UjngejMUgJd773.jpg



ここからは磐越道、東北道、中環、湾岸を通って、結構、早く、横浜に帰りつきました。途中、サービスエリアで食べたのは、B級グルメシリーズの締め、佐野ラーメンでした。

若冲と裏磐梯、案外、いい組み合わせだったかも。




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




関連記事

テーマ : 旅行、旅、ドライブ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR