FC2ブログ
 
  

ゲント散策:レイエ川の観光船クルーズは続く

2015年6月29日月曜日@アムステルダム~アントワープ~ゲント/23回目

ゲントGentのレイエ川Lysの観光船クルーズはぐるっと南の方を周って、出発した船着き場近くに戻ってきました。
これは旧魚市場Oude Vismijnの建物の隣の建物で、その先は船着き場です。

2016042801.jpg



これでクルーズはお終いなのかなって思っていたら、観光船は船着き場をすっと通り過ぎて、レイエ川を北の方に進みます。川沿いの建物と建物の間のスペースにはテーブルが数脚置かれて、ちょっとしたレストランになっています。皆さん、ビールを楽しんでいるようです。こちらも喉が渇いてきます。生憎、観光船ではビールのサービスはありません。

2016042802.jpg



これは船着き場とレストランが一体化したようなお店です。こういうところで食事を楽しみたいものですね。

2016042803.jpg



クロンメワル通りKrommewalの橋が見えてきます。この橋の先でレイエ川はぐるりと右に大きく湾曲して、その先にsaraiが宿泊しているボートハウスのホテルがありますが、観光船はここで引き返すようです。

2016042804.jpg



また、先ほどの船着き場とレストランが一体化したようなお店の前に戻ってきます。うーん、なかなか風情のあるお店ですね。

2016042805.jpg



再び観光船乗り場の前に戻ってきましたが、今度も素通りします。旧魚市場の建物に沿って、レイエ川から右手の支流(運河?)のリーヴェLieveに入ります。ギルドハウスのような建物が並んでいます。

2016042806.jpg



レーケリング通りRekelingestraatの橋をくぐると、いきなり右手に石造りの堅固な構造物が姿を現します。

2016042807.jpg



フランドル伯居城Gravensteenです。1180年にフランドル伯のフィリップ・ダルダスが築いたお城です。明日にでも訪れてみましょう。

2016042808.jpg



フランドル伯居城を過ぎても、観光船クルーズはまだまだ続くようです。リーヴェ運河の先に進みます。

2016042809.jpg



観光船はリーヴェ通りLievestraatの橋をくぐり抜けます。橋を過ぎたところで後ろを振り返ります。リーヴェ通りの橋の向こうに、フランドル伯居城が旗をはためかせながら建っています。

2016042810.jpg



この辺りの岸辺は、リーヴェカーイLievekaaiという緑豊かな公園になっています。

2016042811.jpg



おやっ、右手の建物の塀の上に奇妙な天使像が見えます。立派な煉瓦造りの大きな建物(アウグスタイネン修道院Klooster Paters Augustijnen)にしては、えらくお茶目なものが組み合わさっています。何でしょうね。ゲントの街には奇妙なものが多そうです。

2016042812.jpg



ジルフェルホフ通りZilverhofの重厚な橋をくぐって、リーヴェ運河は左(西)に曲がっていきます。振り返って、ジルフェルホフ通りの方を眺めます。先ほどの大きな煉瓦造りのアウグスタイネン修道院も見えています。

2016042813.jpg



シント・アントニウスカーイ通りSint-Antoniuskaaiに沿ってリーヴェ運河は続きます。行く手の先にある華奢な橋には、奇妙な石造りの門が見えています。

2016042814.jpg



門柱の上に、人物や馬に乗った人の像が乗っかっています。

2016042815.jpg



この橋を抜けたところで、気になって振り返ります。橋の両側に奇妙な門柱が立っていたんですね。

2016042816.jpg


ここまでのクルーズのルートを地図で確認しておきましょう。

2016042817.jpg



クルーズはまだ続きます。なかなか、大サービスのクルーズです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR