FC2ブログ
 
  

ゲント散策:ベルギーのビールは美味しい・・・でも、飲み過ぎは!!

2015年6月29日月曜日@アムステルダム~アントワープ~ゲント/25回目

ゲントGentのレイエ川Lysの観光船クルーズを終え、観光船乗り場の対岸にあるビアハウスに落ち着いて夕食をいただきます。しばらくは観光船の様子を眺めていましたが、そろそろオーダーしましょう。忙しそうに立ち回るウェーターをつかまえます。

2016043001.jpg



メニューにあるビールのリストは膨大な量なので、ウェーターに相談してみます。好みを言って、美味しそうなビールを薦められるままにお願いします。食事のメニューをお願いすると、もうレストランは終了したとのすげない返事。エ~、まだ7時過ぎだよ。どうも、河畔のお店は飲み物だけになってしまうようです。どうりで客の回転が速いんですね。おつまみはチーズだけとのことなので、選択の余地なくそれをお願いします。
届いたビールは美味しいですよ。それに色も綺麗です。ベルギーでのビール初体験です。

2016043002.jpg



これはおつまみのチーズ。チーズにはソースが添えられています。ベルギーだし、色合いからチョコレートかしらと思ってつけてみたら、カラシでした。でも、これって意外に美味しいかも。

2016043003.jpg



さすがにビールとおつまみだけではお腹が空いたままなので、夕食を頂きにお店を移動します。大肉市場の前の道を歩きながらレストランを探します。飲み物だけのお店も多いようです。

2016043004.jpg



グラスレイGrasleiの繁華街に着くと、ようやく食事を出しているお店がありました。テラス席に落ち着きます。

2016043005.jpg



豊富なメニューの中から名物のクリームシチュー(ワーテルゾーイ)とスパゲッティーをチョイス。

2016043006.jpg



美しいゲントの街並みに上機嫌のsaraiは、またまたビールを注文します。Kriek Lindemansという銘柄をチョイス。

2016043007.jpg



とても綺麗なビールが届きます。

2016043008.jpg



美味しいけれど、当然ですが量がたっぷり!
向かいの建物は、大肉市場の続きの建物で重厚で美しいです。古都の雰囲気を楽しみながら、料理を待ちます。

2016043009.jpg



ビールを飲みながらお店の軒先を見ると、そこには今飲んでいるビールの銘柄が書かれています。ふーん。

2016043010.jpg



料理が運ばれてきます。これはワーテルゾーイです。

2016043011.jpg



これはスパゲッティー・ボロネーゼ。

2016043012.jpg



美味しく頂きましたが、ビールは大分残してしまいました。ここではビールは注文しただけのようなものでしたが、ベルギービール2軒のはしごででへろへろに。アルコールには弱いsaraiです。お店を出て、ふらふらとグラスレイの川岸を歩きます。

2016043013.jpg



そこから、聖バーフ大聖堂の方に歩きます。聖ニコラス教会と鐘楼の間辺りで、通りの向かいの建物の屋根の上を見ると、数体の奇妙な像が見えます。これまた、ゲントらしさですね。

2016043014.jpg



そう言えば、先ほどの観光船クルーズで、イケメンガイドが盛んに鐘楼の尖塔の頂にあるドラゴンのことを説明していました。観光船からは遠くてあまりよく見えなかったので、鐘楼の下から見上げます。なるほど、美しい尖塔ですね。

2016043015.jpg



目を凝らすと、91mある鐘楼の尖塔の頂にゲントのシンボルであるという黄金のドラゴンが見えます。夕日を浴びて輝いています。

2016043016.jpg



鐘楼の下からは市庁舎の建物が見えています。この辺りから、saraiの足元が怪しくなってきます。

2016043017.jpg



最後は配偶者に手をつないでもらって、ふらふらとボートハウスのホテルに辿り着き、ベッドに倒れこみます。
あれあれ~出かけている間に、オーナーが部屋のカーテンを引いたりチェックしてくれたようです。
部屋の舷窓からは黄昏の中、レイエ川の対岸の建物に光が灯り、美しい風景が幻想的です。

2016043018.jpg



一眠りをした後、しっかりブログを書きます。その頃に気づきます。オーナーがなぜ部屋の点検をしたのかが・・・。部屋の明かりを求めて虫が寄ってくるのですね。窓の外にはいっぱい虫が寄ってきており、きっとどこかにちょっと隙間があるのでしょう・・・部屋の壁にも虫がそれなりに張り付いています。saraiも配偶者も平気ですけど、駄目な人は多いかもね。ボート暮らしも憧れますが、大変なこともあるようですね。
充実した1日でした。おやすみなさい。
明日こそは憧れの聖バーフ大聖堂の祭壇画《神秘の子羊》を見ましょう。楽しみです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR