FC2ブログ
 
  

ゲント散策:ベルギー名物のムール貝の美味しさに感動!

2015年6月30日火曜日@ゲント/6回目

レイエ川沿いの美しい通りクラーンレイKraanleiを歩いて、中世の街並みに向かっていきます。レイエ川には観光船クルーズのボートが見えますが、暑いせいか、みなさん、パラソルをさしていますね。

2016051401.jpg



対岸のカフェも賑わっています。

2016051402.jpg



通り沿いの建物のファサードには凝った装飾が施されています。古い建物のようです。

2016051403.jpg



クラーンレイから左手のローデコーニング通りRodekoningstraatに入ります。このあたりが中世の街並みを残すとガイドブックに書いてあったところのはずです。最初の角からコドゥワニールス通りCorduwaniersstraatを覗きます。まあ、それなりの街並みではありますね。

2016051404.jpg



この角を通り越して、次の角で左に曲がって、プローテルスグラハト通りPlotersgrachtに入ります。確かに古ぼけた感じの建物が並びますが、中世を感じさせる美しさはありません。

2016051405.jpg



ふらふらと歩きながら、バレン通りBallenstraatを通って、元のクラーンレイに戻ります。

2016051406.jpg



結局、期待したような中世の雰囲気はなく、大してことはありませんでした。これでゲント観光は終了としましょう。夜のオペラに向けてホテルで休養をしたいところですが、その前にお昼を済ませて帰りましょう。もう2時半ですからね。気温がどんどん上がり暑いのと、平日にもかかわらず多い観光客に圧倒され、食欲もないのですが・・・。しかし、コーレンマルクトKorenmarktに並ぶレストランを覗いていると、ムール貝の看板を発見。俄然食欲がわいてきました。お店の席に座ります。日除けのパラソルの下は暑さがしのげます。

2016051407.jpg



このお店はブラッセリー・ボルルートBrasserie Borluutというレストランです。赤いメッシュの椅子が目印です。

2016051408.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2016051409.jpg



お店のスタッフにムール貝の看板を指差して、あれが食べたいと言うと、メニュー表を指し示してくれます。ムム・・・時価という感じで値段が書いてありません。量もどれだけと言えないので、もうおまかせと言う太っ腹な注文。もちろんビールもお願いします。ビールはメニューを見て、綺麗な色のビール、Keizer Karel(カレル王?)の2色のビールをお願いします。

2016051410.jpg



ビールはすぐに運ばれてきます。美味しそうですね。

2016051411.jpg



適当に注文した料理が運ばれてきます。これが大正解でした。美味しいのは当然ですが、鍋にいっぱいのムール貝です。

2016051412.jpg



ベルギー名物のフライドポテトもいただき、満足、満足。

2016051413.jpg



ムール貝の鍋は最後に残ったスープも美味。鍋の底まで食べ尽くしました。

2016051414.jpg



ビールも美味しく大満足です。しかも安かった!全部で4000円ほどです。これで味を占めて、この後、ベルギーではムール貝を食べまくることになります。
これがこの店に吸い寄せられるきっかけになったムール貝の看板です。


2016051415.jpg


お店を出ると、目の前に聖ニコラス教会Sint-Niklaaskerkの建物が堂々とした姿で立っています。その向こうには、鐘楼Belfortも見えています。

2016051416.jpg



ずい分暑くなってきたので、冷たいもののお店に人だかりがしています。

2016051417.jpg



若い人たちは地面に座り込んで、買い求めたフローズンヨーグルトらしきものを食べています。美味しそうですね。

2016051418.jpg



彼らを横目に見ながら、鐘楼のほうに歩いていきます。

2016051419.jpg



また、鐘楼の先端にあるゲントのシンボルである黄金のドラゴンを眺めます。

2016051420.jpg



ゲントの壮大な建築群を眺めながら、ホテルに戻っていきます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR