FC2ブログ
 
  

ゲント散策:最後の街歩き、そして、夜は極上のオペラ

2015年6月30日火曜日@ゲント/7回目

美味しいランチをいただいて、上機嫌でホテルに戻ります。もうこれでゲントの美しい街を見るのもお終いですから、しっかりと目に焼き付けておきましょう。聖ニコラス教会Sint-Niklaaskerkを過ぎると、鐘楼Belfortが間近に聳え立ちます。その手前には、少し掘り込んだ低い地面に綺麗なエミール・ブラウン広場Emile Braunpleinがあります。陽光を浴びながら、芝生で寛ぐ人たちがいますね。

2016051701.jpg



青空を背景にすっくと立つ鐘楼を見上げます。かって大いに栄えたゲントの富の象徴ともいえる建造物です。

2016051702.jpg



シティホールStadshalの大屋根の下を歩き、そこから鐘楼に連なる繊維ホールLankenhalleの大きな建物を眺めます。その繊維ホール建物の上に聖バーフ大聖堂Sint-Baafskathedraalの塔が頭をのぞかせています。繊維ホールの手前の部分は旧看守の家のファサードと呼ばれています。写真ではちょっと見ずらいのですが、ファサード上部にある彫刻には、牢獄の老人シモンが生き続けられるように娘のペロが胸を吸わせている伝説が刻んであります。どうもゲントには少し面白いというか、奇妙というか、まっとうではないものが多いようです。

2016051703.jpg



左のほうを眺めると市庁舎Stadhuis Gentの建物が見えています。

2016051704.jpg



ちゃんと市庁舎の建物を見ていなかったので、その前に行ってみます。この東ファサードはルネサンス様式です。市庁舎の建物は様々な建築様式が複合した建物になっています。

2016051705.jpg



市庁舎前から裏通りを通って、ホテルのほうに向かって歩きます。途中、ザンドベルク通りZandbergで後ろを振り返ると、聖バーフ大聖堂の塔が見えます。これがゲントの3塔の見納めとなります。

2016051706.jpg



やがて、レープ運河沿いのニーウブルグカーイ通りNieuwbrugkaaiに出ます。

2016051707.jpg



レープ運河reepがレイエ川に合流するポイントで運河にかかる橋を渡ります。ボートハウスのホテルと旧市街をつなぐルートで必ず渡る橋なので、何度となく渡ったお馴染みの橋です。

2016051708.jpg



レイエ川沿いに歩くと、対岸にボートハウスのホテルが見えてきます。美しいレイエ川の眺めです。

2016051709.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2016051710.jpg



ホテルでしっかりお昼寝をして、オペラに出かけます。配偶者は、暑さもものともせず、着物でビシッときめて出かけます。かなりの距離を歩いて、ゲント・オペラ劇場に到着。石造りの綺麗な建物です。

2016051711.jpg



ここでフランダース・オペラ(ゲントとアントワープが本拠地)でオペラ《フィガロの結婚》を聴きます。最前列の席をゲットしてあります。これがネットで購入し、自宅に郵送されてきたチケットです。

2016051712.jpg



席につくと、オーケストラ・ピットが目の前です。

2016051713.jpg



こじんまりしたホールです。音響がいかにもよさそうです。まだ、お客さんがちらほらですが、もう開演15分前なんです。

2016051714.jpg



バロック風の内装は美しく、天井はこんな感じ。

2016051715.jpg



最前列席の様子です。

2016051716.jpg



オペラは極上の出来栄えに大満足です。ヨーロッパは大都市のオペラハウスはもちろんですが、地方都市のオペラハウスも驚くほどのレベルにありますね。このオペラ《フィガロの結婚》の詳細記事はここです。

満足感でいっぱいになって、ホテルに帰還します。美しい満月を眺めながらぶらぶらと戻ります。暗闇の中、無事にホテル前に到着。レイエ川沿いに点々と光る明かりでボートハウスの姿が浮かび上がっています。

2016051717.jpg



ボートハウスホテルの対岸の建物がレイエ川の暗い水面に映り込んでいます。

2016051718.jpg



ボートハウスホテルでは、遅い到着のお客があったようで、オーナーがまだいるようです。彼の姿が船室(実際はホテルのレセプション)に見えています。

2016051719.jpg



レセプションに歩み入ると、オーナーは配偶者の着物姿を褒めてくれます。しかし、その後、指導があります。部屋の電気を点けるときは必ず窓をしっかり閉めるようにとのことです。でないと、虫が大量に入り込むとのこと。昨夜は窓が開いていたようです。確かに、今夜は虫は入ってきません。ただし、扇風機を最強で回しても暑いんです。
ゲントの最後の夜は更けていきます。寝るときに電気を消して、窓を開けます。これがボート生活の常識! ちょっと勉強になりました。

明日はブルージュに移動します。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR