FC2ブログ
 
  

藤原真理チェロ・リサイタル@上大岡ひまわりの郷 2016.6.5

お昼のひと時、気持ちのよい時間が持てました。同世代の音楽家である藤原真理さんのチェロは初めて聴きましたが、無理のないボウイングでありながら、朗々とした深い響きが美しく耳に心地よく感じられます。もっとも、最初に演奏されたバッハの無伴奏チェロ組曲だけは一味違う演奏でした。彼女が若い頃から弾き続けているこだわりの曲なんでしょう。チェリストにとっては特別な曲である筈のこの作品は演奏者が自身の音楽性を最も表現する曲です。したがって、どれひとつ取っても同じような演奏はありません。で、彼女の演奏ですが、実に自然体にこだわった演奏です。自我をがりがりに表出する演奏とは対極にあるような演奏です。ある意味、ちょっと物足りない感じはありますが、彼女の長い音楽人生の果てに到達した枯れた心境なのかもしれません。きっと若い頃の演奏はこうではなかったでしょう。その特徴が最も活かされたのがサラバンドでした。実に静謐な演奏は心に沁みました。

メインの曲はこのほかにはベートーヴェンのチェロ・ソナタ 第1番だけです。チェロはよかったのですが、ピアノがもうひとつ。よく弾けてはいますが、もうひとつ突き抜けたところが欲しい感じです。もっとも予習したのがロストロポーヴィチ&リヒテルの名人コンビで、特にリヒテルの鮮やかなピアノの素晴らしさが耳に残ってしまったので、誰が弾いても不満を感じてしまいます。

ほかの曲はアンコールピースのような小曲です。チェロの響きの美しさに聴き惚れました。また、藤原真理さんの飾らない人柄が音楽にも滲み出ていたのが印象的でもありました。

今日のプログラムは以下です。

  チェロ:藤原真理
  ピアノ:倉戸テル

  J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第2番
  J.S.バッハ:アリオーソ
  J.S.バッハ:主よ、人の望みの喜びよ

   《休憩》

  ベートーヴェン:チェロ・ソナタ 第1番
  ベートーヴェン: 「魔笛」の主題による12の変奏曲
  パラディス:シチリアーノ
  フォーレ:シチリアーノ

   《アンコール》

    ジョン・レノン:イマージン
    サン・サーンス:白鳥



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ブログ運営者様
先日連絡したTripPartner運営事務局です。(https://trip-partner.jp/ )
弊社海外情報メディアとの相互送客、もしくは弊社サイトでの記事執筆(2500円~4500

10/11 14:45 スカウトチーム

たまらんさん

saraiです。来年5月の一世一代のプロジェクト、着実に進めています。さて、どうなりますか・・・。

コンセントの変換器ですが、ロードウォーリアという優れ

10/03 08:35 sarai

ご無事でなによりです。
この壮大な計画を見てしばらくボーっとしていました。アゼンというか
凄いですね。ウィーンのレポートのお礼を言うのも忘れてしまいました。
あり

10/03 06:22 たまらん

たまらんさん

saraiです。一応、ご希望に沿いましたが、いかが?

09/29 14:51 sarai

マドレーヌさん、配偶者です。

お褒め頂き、ありがとうございます。

馬子にも衣装ですね。

この着物は、結城紬です。

母から譲り受けたもので、私のお気に入りです。

09/29 14:49 sarai

こんにちは。

毎日ブログを楽しみにしておりました。
もう旅も終盤ですね。

今日のお二人のお衣装素敵ですね。
奥様のお着物は大島紬でしょうか?
さりげなくそしてシッ

09/28 17:51 まどれーぬ

演奏会へのお写真、期待しております。
ウィーンの美味しいお店情報も楽しみです。

09/27 20:52 たまらん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR