FC2ブログ
 
  

ブルージュ散策:ブルージュの華、運河風景を満喫

2015年7月3日金曜日@ブルージュ~ブリュッセル/2回目

ブルージュの街で早朝散歩しているところです。早朝と言っても、saraiの早朝は8時過ぎという出足の遅さ。それでもまだ観光地ブルージュは、ほとんど歩いている人はいないんです。
グルーネライ運河Groenerei沿いのグルーネライ通りGroenereiを歩いています。運河とそこに架かる石橋の美しさは例えようもありません。先ほどのメー橋Meebrugも美しかったのですが、続く石橋も素晴らしいです。苔むした運河の石橋は例えようもない美しさ。ため息が出るほどです。この石橋はペールデン通りPeerdenstraatのペールデン橋Peerdenbrugです。メー橋とペールデン橋の2つは、ブルージュ最古の石橋で14世紀に建造されました。ブルージュの運河風景を代表すると言っても過言ではありません。

2016062101.jpg



運河沿いの通りに面した煉瓦造りの建物に、赤いゼラニウムがとても似合っています。

2016062102.jpg



運河沿いにモダンな東屋風のものがあります。暑い日中には格好の日陰を作るでしょう。

2016062103.jpg



切妻屋根の煉瓦造りの建物が並びます。フランドル地方特有の風景です。

2016062104.jpg



ここでグルーネライ運河は終わり、左手のシント・アナライ運河Sint-Annareiに続いていきます。ここまでは運河クルーズで巡ったコースの復習です。あくまでも早朝散策なので、運河を進むのはこのあたりで打ち止めにして、今来た道を戻ることにしましょう。

2016062105.jpg



このグルーネライ通りを戻っていきましょう。マルクト広場Grote Marktの鐘楼Belfortも見えていますね。

2016062106.jpg



また、切妻屋根の煉瓦造りの建物の前を歩いていきます。とてもよい雰囲気ですね。

2016062107.jpg



美しいグルーネライ運河の風景を再度、楽しみます。

2016062108.jpg



再び、ペールデン橋です。橋のアーチが運河の水面に映り込んでいます。

2016062109.jpg



次はメー橋です。何度見ても絶景です。それに人も全然いません。

2016062110.jpg



メー橋の手前にはベンチがぽつんとあります。絶好の休憩ポイントですが早朝散歩中ですから、そうゆっくりしている暇はありません。

2016062111.jpg



メー橋の前を通り過ぎます。メー橋ともこれでお別れです。

2016062112.jpg



メー橋を過ぎると、ステーンハウウェルスデイク通りSteenhouwersdijkの並木道です。煉瓦色が映り込んだ運河の美しさにうっとりします。

2016062113.jpg



運河沿いの切妻屋根と小塔の連なりの建物が見えてきます。この煉瓦造りの建物はブルージュ古文書館Brugse Vrijeでしょうか。

2016062114.jpg



その建物の手前の小さな庭園にはうつぶせになった男の銅像があります。何でしょうか。いずれにせよ、そう古いものではなさそうです。

2016062115.jpg



再び、石橋が見えてきます。ハイデンフェッテルス広場Huidenvetterspleinとブリンデ・エーゼル通りBlinde-Ezelstraatを結ぶ石橋です。名前は不明ですが、この石橋も綺麗ですね。

2016062116.jpg



ハイデンフェッテルス広場の前までやってきました。石橋は目の前です。

2016062117.jpg



石橋の上からは運河クルーズの観光船乗り場が見下ろせます。もちろん、まだ運河クルーズは始まりません。一昨日の運河クルーズの思い出が脳裏をよぎります。ところで正面に見えている建物は、saraiが宿泊しているホテル ブールゴンシュ ホフHotel Bourgoensch Hofです。如何に好立地のホテルか分かりますね。

2016062118.jpg



橋の反対側の方を眺めます。グルーネライ運河の風景の素晴らしさを最後に満喫します。遠くに見えるのがメー橋です。

2016062119.jpg



運河沿いにゆったりと歩きながら、満足いくまで写真を撮りました。この運河沿いの風景こそがブルージュの華と言えます。
ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2016062120.jpg



この後は運河を離れて、旧市街の広場と教会を巡ります。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR