FC2ブログ
 
  

ブルージュ散策:鐘楼からの絶景

2015年7月3日金曜日@ブルージュ~ブリュッセル/7回目

高さ83mもある366段の石段を上り終えて、鐘楼Belfortの塔の上からの絶景を楽しみます。まずは聖母教会Onze-Lieve-Vrouwekerk Bruggeを眺めます。美しい姿です。右端には救世主大聖堂Sint-Salvatorskathedraalも見えています。

2016062701.jpg



聖母教会の左のほうを眺めます。左から聖母教会へと続く緑の並木の通りはダイフェル通りDijverです。ダイフェル運河Dijverに沿った通りですが、ここからは運河は手前の建物に阻まれて、見ることができません。

2016062702.jpg



ダイフェル通りの左側に運河が見えます。ローゼンフートカーイRozenhoedkaaiの運河風景です。

2016062703.jpg



ローゼンフートカーイの左には大きな広場が見えます。ブルグ広場Burgです。広場に面して右手には市庁舎Stadhuisの華麗な建物が見えます。

2016062704.jpg



ローゼンフートカーイのあたりをズームアップしてみましょう。運河に突き出ている建物はオテル デュ ドゥ ブルゴーニュHotel Duc De Bourgogneですね。その向かいの建物がsaraiの泊まっていたホテル ブールゴンシュ ホフHotel Bourgoensch Hofです。こちらからは建物の裏側しか見えません。左端に見えるちょっとした広場は魚市場Vismarktのようです。

2016062705.jpg



ブルグ広場のほうを眺めるとその先にブルージュの街並み、教会の塔、そして、はるか先にはフランドル平原まで見渡せます。意外に運河は建物の陰になり、あまり見えないのが残念です。

2016062706.jpg



マルクト広場Grote Marktを見下ろしますが、ここからは真下は見えません。マルクト広場の北側に並ぶギルドハウスがようやく眺められます。ギルドハウスの先に見える白い大きな建物は市立劇場Stadsschouwburgです。

2016062707.jpg



左のほうに目を移します。右手の奥にある大きな建物は聖ヤコブ教会Brugge Sint Jacobskerkです。左手にある小さな塔を持つ建物はホテル デュークス パレスHotel Dukes' Palaceです。このホテルはその名の通り、かつて公爵の邸宅だった15世紀の建物を利用した5つ星のホテルです。1泊3万円以上ではsaraiの財政の範囲外です。

2016062708.jpg



今度は右のほうに視線を向けて、マルクト広場の西側のほうを眺めます。手前には広場の西に面する州庁Provinciaal Hofの建物が見下ろせます。広場の先に緑が見えるところはヤン・ファン・エイク広場Jan van Eyckpleinのようです。ヤン・ファン・エイクの銅像が建つ広場です。後で行ってみましょう。ずっと奥のほうには大きな水路が見えます。バウデウェイン運河Boudewijnkanaalでしょうか。

2016062709.jpg



さらに右側を見ます。左端の緑がヤン・ファン・エイク広場です。広場の前は運河がありますがここからは見えません。中央奥に聖ワルブルガ教会Sint-Walburgakerkが見えます。

2016062710.jpg



ぐっとのりだすと、やっとマルクト広場の一部が見えます。広場を歩く人が豆粒のようです。

2016062711.jpg



再び、反対側に周って、ローゼンフートカーイのほうを眺めます。ローゼンフートカーイの先に見える緑の多いところは市立公園のコーニンギン・アストリッド公園 Kon. Astridparkです。その先に見える塔は聖マグダレーナ教会Kerkfabriek Heilige Maria - Magdalena En Heilige Catharinaです。

2016062712.jpg



最後にもう一度、聖母教会を眺めます。

2016062713.jpg



ブルージュの街を一望することができて、大満足です。そろそろ、鐘楼を下りましょう。

鐘楼に上って、ヘロヘロになった足を引きづりながら、ブルグ広場に向かいます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR