fc2ブログ
 
  

ドレスコードはブラックタイ?・・・ザルツブルク音楽祭の旅

初のザルツブルク音楽祭の鑑賞に備えて、気になるのは何を着るかということ。配偶者と一緒にザルツブルク音楽祭にはドレスコードなんてものがあるのかを調べます。結果的には分かりません。格式の高い音楽祭であることは間違いありません。いつものsaraiのオペラ鑑賞(ヨーロッパの一流オペラハウス)のスタイルはダークスーツと決めています。それで押し通すか、それともちゃんとタキシードを新調して、いわゆるブラックタイという正装(準礼装)で決めるか、迷います。ちなみに配偶者は着物を着ると決めています。日本の女性の正装ですね。なかなか、タキシードを新調するかどうかは決めきれません。でも、折角、ザルツブルク音楽祭に行く以上、ワグネリアンでもあるsaraiの次の目標はバイロイト音楽祭です。バイロイト音楽祭のドレスコードを調べると、これは間違いなく、タキシードのようです。ほぼ8割以上の男性がタキシードだというのが調査結果です。バイロイト音楽祭デビューも前提にして、タキシードを新調する方向で検討します。気になるのはお値段ですね。もちろん、上を見れば、いくらでも高いものはあるでしょうが、年金生活者のsaraiにとっては必要最小限の装いで済ませたいものです。それでもブランド志向の強いsaraiはとりあえず、デパートで新調することを基本として調査開始。まず、横浜そごうの礼服売り場を訪れます。すると最低でもすべて揃えると20万円は下らないことが分かり、少し、気持ちが引いてしまいます。その後、たまたま、みなとみらいを歩いていて、紳士服のチェーン店を見かけます。一応、ここもチェックしてみましょう。基本的にスーツしか置いてありませんが、礼服コーナーもあります。お店のスタッフにタキシードのことを尋ねると、取り寄せになるようですが、対応できるとのこと。セットはなく、タキシード、シャツ、蝶ネクタイ・・・と揃えていくそうです。見積もってもらいます。値引きしてもらって、約12万円ほどです。タキシードの品質は感覚的にはデパートとそう変わりません。よく考えてみることにして、いったん、お店を後にします。お店のスタッフは丁寧な対応をしてくれて、価格ももう少し値引きしましょうと約束してくれます。
そして、心を決めて、このお店(紳士服のKO????です)を再訪して、saraiの人生初のタキシード一式を購入しました。ピカピカのエナメル靴(イタリア製)はもちろん、靴下まで揃えて、10万円をちょっと出るくらいまで値引きしてもらいました。一番悩んだのはタキシードの襟(ラペル)をピークドラペルにするか、ショールカラー(俗に言うヘチマ襟)にするかです。これは実際に試着して、saraiに似合ったショールカラーにしました。蝶ネクタイは迷わず、黒にします。カマーバンドも同じく黒。正式なブラックタイに対応できるように選択しました。saraiのタキシード選びに親切に対応してくれたお店のスタッフに感謝です。

と言うことで、服装の準備も整いました。saraiはタキシード、配偶者は着物でザルツブルグ音楽祭の夜のオペラ公演に出かけます。デビューはトーマス・アデスの新作オペラ《皆殺しの天使》になります。でも、その前にウィーン・フィルの夜のコンサートでも試しに着てみようかな。


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わ!、すごーい気合が入っていますね!、美しいsaraiご夫妻のお姿、絵になりますね!やはり着ているものが周りと調和していると、雰囲気が楽しめるってものです。
rarai様が晴れ女なので、大丈夫でしょう!
はい、ウィーン・フィルは2プログラムを聞きました。定番、”英雄の生涯”(ビシュコフ)とブルックナー9番(セガン)は、安定の感動でした。
意外によかったのが、プーランクの2台のピアノ協奏曲(ラベック姉妹)です。
オペラは”バラ”、”マクベス”、”シモン”、バレエ”ドンキ”など、どれも定番、素敵でした!改めて、ウィーンは良いね!

No title

えりちゃさん、saraiです。

そう言われると恥ずかしいですね(笑い)。

やはり、ウィーン・フィルの柔らかい響きは何ものにも代えがたいですね。いいものを聴かれて、良かったです。美しいラベック姉妹は私も聴きたかった(見たかった?)ですね。
オペラはやっぱり薔薇に尽きますか! ヴェルディも良かったんですね。ドン・キホーテはバレエ監督のルグリのお得意の演目ですものね。そりゃ、いいでしょう。
やっぱり、ウィーンは最高ですね。
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR