FC2ブログ
 
  

ル・ピュイ=アン=ヴレイのノートルダム大聖堂、そして、ジュネーブへ

ノートルダム大聖堂巡りの5日目。今日が最終日でフランスともお別れになります。朝、起きてみると、昨日の体調不良が劇的に改善。すっかりと熱は下がったようです。それでもなんだか病み上がり状態。無理をしないで行動することにします。ともかく用心のためにバッファリンを飲んでおきます。今日は巡礼路の教会、ル・ピュイ=アン=ヴレイLE PUY EN VELAYのノートルダム大聖堂を予定通り、訪れることにします。

今日も絶好の好天で空は雲一つありません。お天気に恵まれた旅になりそうです。ル・ピュイ=アン=ヴレイはかなりの田舎町のようで電車本数も少なく、朝はよい時間のリヨンからの直通もありません。サン・テティエンヌで乗り換えて向かうことになります。リヨンから45分のサン・テティエンヌを出て1時間半ほどでル・ピュイ=アン=ヴレイの町が近づいてきます。岩山の上に建つ巨大なマリア像はなかなかの奇観です。その近くにはノートルダム大聖堂も見えています。駅に着いて、印刷しておいたグーグルマップを見ながら歩きます。趣のある道を歩き、大聖堂前の坂の下に出ます。ここから急坂を一気に上り、大聖堂の前に出ますが、ここからは長い石段が待っています。

2016072501.jpg


ふーふー言いながら、大聖堂の建物の入口に着くと、ミサ中の立札が立ち、多くの人たちが座り込んでいます。我々もここでしばし休憩。しばらして側面の入口から中に入ると、綺麗な歌声が聴こえてきます。まだ、ミサが続いているのですね。そっと、後ろのほうに周り、ミサが終わるのを静かに待ちます。何度も女性(修道女?)のピュアーなソプラノで親しみやすい旋律が歌われます。聖歌にしては新しそうなメロディーラインですが、心に沁み渡るようです。saraiは思わず、後でそのメロディーを口ずさんでしまいます。ミサが終わり、大聖堂の中を見て回ります。内陣に据えられた《黒いマリア》はとても存在感があります。日本風に言えば、まさに秘仏のようです。

2016072502.jpg


サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の出発点にふさわしい趣きの大聖堂でした。駅前に戻り、まだ、電車の発車時刻まで40分ほどあることを確認して駅前に1軒だけある食堂、その名も駅前食堂に入ります。アントレのテリーヌも美味しく、メインのスパゲッティは2人分を一緒に豪快に盛り付けたものです。さすがに食べ切れませんでしたが、柔らかい食感のスパゲッティは病み上がりのsaraiには優しい食べ物で満足。デザートのチーズも豪快に食べ放題です。配偶者はクリーミーな味わいのチーズの美味しさを激賞しています。発車間際の電車に飛び乗ります。今度はリヨンまでの直通電車。リヨン・パーデュー駅に到着。この後、ジュネーブに向かいますが、予定している電車まで1時間半ほどあります。昨日、体調不良のために見損ねていたリヨンのノートルダム大聖堂までちゃっと行ってきましょう。メトロの2時間券を買って、フルヴィエールの丘に登るケーブルカー乗り場に急行。トンネルの中だけを走るケーブルカーに短時間乗ると、いきなり、ノートルダム大聖堂に到着。白亜の美しい建物です。

2016072503.jpg


内部にはネオ・ビザンチン様式の美しい空間が広がっています。マルセイユの大聖堂となんだか似た雰囲気に思えます。丘の上に建てる教会はこんな感じになるんでしょうか。ひとしきり鑑賞して、大聖堂の横手にある展望台からリヨンの町を一望します。手前のソーヌ川は見えていますが、その向こうのローヌ川がほとんど見えていません。ロール川があまり見えないのは残念です。

2016072504.jpg


本来は階段を上った展望台まで行けば、もっと綺麗な景色が見えるようですが、今日のsaraiには時間も体力もありません。急いでリヨン・パーデュー駅にとって返し、ジュネーブ行の電車に飛び乗ります。国境の町Bellegarde(ベルガルド?)を過ぎると長い国境のトンネルを抜けます。周りの景色がスイスっぽくなってきて、ジュネーブに到着です。ホテルにチェックインし、荷物を片付けていると、予約したレストランの時間が迫っています。楽しみにしていたラクレットとチーズフォンデュはチーズのクリーミーさが最高。これが本場の味なのね。スイス産の白ワインとミネラルウォーターもさすがスイスの味です。でも、お昼のランチもたっぷりいただいたせいもあり、チーズフォンデュは半分ほど残してしまいました。残念です。それでも満腹状態なんです。レストランからレマン湖はすぐですが、とてもそんな余裕はなく、ホテルに帰り、また、ベッドの上に倒れ込み、熟睡。しばらくして起き出してお風呂に入り、ようやくブログを書きます。もう深夜です。寝ましょう。

明日は一気に鉄道でスイスを横切ってオーストリアのブレゲンツに行き、オペラを見ます。しばらくチロルの自然を楽しみます。


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR