FC2ブログ
 
  

プッチーニの遺した“愛”:オペラ《トゥーランドット》@ブレゲンツ音楽祭 2016.7.26

今年は夏のザルツブルク音楽祭を初めて聴くことにしたので、その前哨戦というわけではありませんが、成行き上、ブレゲンツ音楽祭も初めて聴くことになりました。フランス、スイスと周って、ブレゲンツに到着したのはオペラ上演の夜、公演の1時間前という慌ただしさ。ブレゲンツ駅前のメルキュールホテルにチェックインして、音楽祭会場に向かいます。と言っても、ボーデン湖畔の会場はすぐお隣で徒歩1分という便利さです。夕食がまだだったので、会場内の特設レストランで急いで美味しくいただき、会場の席に向かおうとすると、開演15分前なのに入口はクローズされています。既に中に入場した人も外で待っている人もいます。

2016072601.jpg


どうやら風が強いために公演を実施するかどうか検討中のようです。野外オペラでは天候に左右されます。待つしかありません。結局、30分ほど待って開演が決定。ほっとします。待っている人たちからも大きな拍手が巻き起こります。

席は右手の前から6列目。思ったよりも見やすい位置です。音はどうせスピーカーでの音なのでどの席でも聴きやすさは変わりありません。ステージはボーデン湖の湖上に突き出したところに北京の紫禁城の城壁を模した派手なセットが作り上げてあります。このあたりの感じはメルビッシュ湖上音楽祭と似ていますね。

2016072602.jpg


オペラはやっぱりいいですね。それもプッチーニとくればなおさらです。お祭りのようなオペラではありますが、オーケストラはウィーン交響楽団だし、しっかりとプッチーニの味を出しています。抒情的なプッチーニの音楽が流れてくると、自然とsaraiの心はオペラモードにスイッチが入ります。なんとも心の襞を優しく撫でてくれるような音楽に胸がジーンと熱くなってしまいます。プッチーニのオペラでは断然、《ラ・ボエーム》が好きですが、この《トゥーランドット》はプッチーニの未完の最終作品。聴けば聴くほどプッチーニのすべてが詰まっているような作品です。実演で聴くのは実に15年ぶり、2度目です。舞台演出はとても派手で踊りあり、火を使った場面あり、飽きさせることはありません。湖面を船が進むシーンなど盛りだくさんです。といってもsaraiにとっては音楽がすべて。別室で演奏しているオーケストラと合唱の音がスピーカー越しに聴こえてくる違和感はぬぐえませんがその迫力と精度はなかなかのものです。舞台上の歌手とどうやって連携しているのかは不思議ですが、ぴったりと合ってはいます。王子カラフを歌ったテノールの歌唱が光りました。《誰も寝てはならぬ》は聴き映えがしました。リューもよかったのですが、saraiの好みではもっとピュアーな声だったらなという感じです。素晴らしいアリアが2曲もあるのでちょっぴり残念。トゥーランドットはなかなか聴かせてくれました。表現力はよかったです。惜しむらくは力強さに欠けるというところ。最後の一声、《それは愛》、最近はやりのアムールですが、これはよかったです。フィナーレは補作部分ですが、合唱の《誰も寝てはならぬ》には感銘を受けます。プッチーニ自身のピアノスケッチではピアノで終わるそうですが、この補作のような感動のフィナーレでもよかったでしょう。

ということでとても満足したオペラでした。それになんとも気楽に聴けるのも音楽祭のよいところですね。

プログラムとキャストは以下です。

  指揮:Paolo Carignani
  演出:Marco Arturo Marelli
  管弦楽:ウィーン交響楽団
  合唱:Bregenz Festival Chorus/Prague Philharmonic Choir/Children's choir of Musikmittelschule Bregenz-Stadt

  トゥーランドット姫
   Erika Sunnegårdh
中国の皇帝アルトゥーム
   Christophe Mortagne
ティムール
   Mika Kares
身分を隠している名前の知れない王子(実はカラフ)
   Riccardo Massi
リュー、若い娘
   Marjukka Tepponen
ピン、皇帝に仕える大蔵大臣
   Matija Meic
パン、内大臣
   Taylan Reinhard
ポン、総料理長
   Cosmin Ifrim
役人
   Yasushi Hirano



↓ 音楽を愛する同好の士はポチっとクリックしてsaraiと気持ちを共有してください

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ブレゲンツ音楽祭

sarai 様

初めまして。まどれーぬといいます。
いつもブログを楽しみにしています。

さて、私も8/2・8/4とトゥーランドットを観に行く予定です。
音楽祭は寒さ対策と雨天時の準備が必要ということで長袖シャツとパンツにセーター・ウインドブレーカー・雨合羽を持参するつもりです。皆さんはどのような服装なのでしょうか?
また座席シートは武道館のように固いようですね。クッションとか必要でしょうか?

その他現地の様子や天候等お知らせいただくと嬉しいです。

8/1に成田~チューリッヒ~ブレゲンツに向かいます。
よろしくお願いします。

No title

まどれーぬさん、saraiです。

服装の対策はまあ、日によって、かなり違ってしまうでしょうが、その程度準備されたら十分でしょう。現地の人はそれほどの準備はしていないようでした。寒いこともあるので、ホッカイロを持つのもよいかもしれません。座席は普通に固いプラスチックです。我々はホテルのタオルを持っていきましたが、それほど苦痛ではありませんでした。ホテルに戻って、部屋の中をよく見ると、クッションが2枚用意されていました。後の祭りです。なお、会場でもクッションを貸し出していました。現地の方は持参していたようです。天候ですが、このあたりは日々、不安定です。こればかりは対策はありませんね。
ご不明の点があれば、また、ご連絡ください。

ありがとうございます

sarai 様

早速のお返事ありがとうございます。

ホッカイロが必要なくらい冷えるのですね。
貴重なアドバイスありがとうございます。

私はアートなものに関心があり、ヨーロッパに魅了
されております。少し鉄子も入っています。

sarai様のブログはいろいろと参考になります。
今後ともよろしくお願いします。

No title

まどれーぬさん、saraiです。
お互い、ヨーロッパ文化に魅了されたもの同士、今後もよろしくお願いします。まどれーぬさんがブレゲンツにいらっしゃる頃はこちらはザルツブルグです。近いですね(笑い)。
ではまた。

トゥーランドット 観てきました

sarai 様

夜分遅く失礼します。

8/2のトゥーランドット観てきました。
開演前からぽつぽつと降り出し、観客のほぼ全員が雨合羽姿という
中で始まりました。(私は割と雨女です。)
中盤には雨も止みほっとしました。

sarai様のおっしゃっていたように他の方々は軽装で、バカンスの中での   オペラ鑑賞というこなれた感じでした。

私にとって野外のオペラは初めてでしたがとても素晴らしかったです。
湖上ならではの演出が斬新なステージだったと思います。
異国のものが混在していながらセンス良くまとめられていると思いました。
能面にはどのような意図があるのでしょうか?
演出家に聞いてみたいですね。

昨年秋のNHKBSでの放映が今回の鑑賞のきっかけとなりました。
実現できて嬉しく思います。
数日ブレゲンツに滞在し、その後スイス・ベルギーを周遊し帰国の予定です。
やっぱりヨーロッパの旅はやめられないですね。

sarai様のブログこれからも楽しみにしています。
奥さまにもよろしくお伝えください。






No title

まどねーぬさん、saraiです。

オペラ、楽しまれたようで何よりです。雨でも中止にならなくてよかったですね。昨年のBSプレミアムは見落としていたので帰国したらヴィデオをチェックしてみます。

これからスイス・ベルギーを回られるのですね。お楽しみは続きますね。ヨーロッパの涼しい夏を満喫してください。

こちらはもう日曜日には帰国の途につきます。長い旅も終わりが近づいてきました。寂しいものです。

ではまた。
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR