FC2ブログ
 
  

グラナダでアルハンブラ宮殿拝見:ライオンの中庭とアベンセラッヘスの間の圧倒的な美しさに感動

2014年5月31日土曜日@グラナダ~カディス/9回目

アルハンブラ宮殿・アラヤネスの中庭のあまりの美しさにため息をつきながら、ライオン宮に移動します。
ライオン宮Leonesに入ると、いきなり可愛いライオン達のお迎えです。

2015011801.jpg


このライオン宮は王族のプライヴェートな空間です。中庭には、繊細な装飾が凝らされたアーチ型の柱廊が建ち並んでいます。

2015011802.jpg


細い柱がとても印象的です。繊細で女性的にも思えるイスラム建築です。バックの青空がよく似合っています。

2015011803.jpg


よく見ると、柱の上の壁は優美なレース模様になっています。アルハンブラ宮殿を作り上げたサラセン人の知的な感性が輝いているように思えます。

2015011804.jpg


大理石の床には狭い幅の水路が巡らせてあります。アルハンブラ宮殿は石と水で構成された砂漠の民の作品です。

2015011805.jpg


この空間の中央で存在感を示しているのは12頭のライオンです。ここはライオンの中庭Patio de Leonesと呼ばれています。ライオンとその上の水盤は、噴水を構成しています。見事な造形です。

2015011806.jpg


ライオンの噴水と優美な柱廊が配された美しい空間です。先ほどのアラヤネスの中庭と並び立つアルハンブラ宮殿のクライマックスです。じっと見入っている観光客も目立ちます。

2015011807.jpg


近くに寄って観察すると、ライオンは白い大理石に美しい文様が刻み付けられています。大変な芸術作品です。

2015011808.jpg


ライオンの前から、再び柱廊を眺めます。繊細なレース飾りは見れば見るほど驚異的です。芸術的な職人の大変な労苦が結実したものです。

2015011809.jpg


ライオンの中庭に面して、3つの部屋があります。南側にあるのがアベンセラッヘスの間Sala de Abencerrajesです。天井の造形が見事です。珍しい星型になっています。

2015011810.jpg


アーチ型の壁面の緻密な装飾、鍾乳石飾りの天井、隙のない意匠で部屋が作り上げられています。

2015011811.jpg


アーチ型の柱廊は、ライオンの中庭と連続性のあるデザインです。

2015011812.jpg


それにしても見事な天井です。何度も見上げてしまいます。この天井の彫刻も、レースを何枚も重ねたようなデザインになっていることに気が付きました。石の彫刻で柔らかいレースの襞を作り上げています。石を自在に彫刻しているのを見て、ベルニーニの彫刻を思い起こしました。この天井は抽象的な文様で、ベルニーニは具象的な彫刻とまったく違ったものではありますが、芸術的な完成度は同じく素晴らしい高みに達しています。

2015011813.jpg


天井の下部に注目してみましょう。これは凄いですね。素晴らしいデザイン力です。複雑であり、シンプルでもあるという二律背反的なものを統合した奇跡のような芸術です。

2015011814.jpg


一体、どんな造形なのか、把握することも困難ですが、ともかく凄く美しいことだけが頭に染み込んできます。

2015011815.jpg


これは天井の中心。最も高い部分です。シンプルな鍾乳石飾りだと思っていましたが、実に複雑な作りになっています。恐るべき芸術作品です。イスラム芸術の奥深さを思い知らされます。

2015011816.jpg


緻密な細部を観察した後で、もう一度、天井全体を眺めると、もう目が眩むほどの圧倒的な迫力です。あり得ないような芸術に脱帽するのみです。

2015011817.jpg


明るい光が差し込む窓も美しい意匠が凝らされています。

2015011818.jpg


目を転じて床を見ると、水盤があります。水盤には赤いしみのようなものがあります。この部屋は当時、政界の最大勢力だったアベンセラッヘス家の男性36人が対抗勢力の讒言によって、王の命令で皆殺しになったところです。この赤いしみはそのとき飛び散った赤い血のしぶきの跡だと言われていますが、それはどうでしょうね。この手の伝説は日本でもよくありますね。

2015011819.jpg


アベンセラッヘスの間の超絶的な美しさに呆れながら、次の部屋に移動します。


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR