fc2ブログ
 
  

鉄壁のCT!ベジュン・メータ カンタータの夕べ@ザルツブルク音楽祭(モーツァルト劇場) 2016.8.3

ヨーロッパで音楽を聴く楽しみの一つはバロック音楽を聴けることとそれに関連してカウンター・テノール(CT)を聴けることです。今回のザルツブルグ音楽祭では人気と実力のCTの一人であるベジュン・メータの《カンタータの夕べ》と題されたコンサートを聴くことができました。saraiはもちろん、初聴きです。
フィリップ・ジャルスキーやフランコ・ファジョーリほどのスター性がないせいか、それほど評判にはなっていないようですが、その実力たるや、なかなかのものでした。まず、CTにありがちな不安定さがまったくないこと、それに高音から注低音までの声の均質性に優れていること、さらには強弱のコントロールがきっちりとできるために表現の幅が広いことなどが印象的でした。こういう資質はオペラで聴けば、その素晴らしさが感じられるだろうなあと思いました。前半のプログラムでは、アジリタが上滑り気味で物足りないと感じましたが、後半には調子を上げて、素晴らしいアジリタを聴かせてくれて大満足です。強い声のCTにもかかわらず、抒情性に優れているのもプラスポイントです。ただ、やっぱり、ジャルスキーやファジョーリのようなカリスマ性・スター性に欠けるのは残念ですね。ヘンデル、バッハは素晴らしい歌唱でしたし、ヨハン・クリストフ・バッハのラメントのような地味な曲でも哀調のある歌唱で聴かせてくれたのはよほどの実力ならではことでしょう。なお、彼は名前から分かるようにインド系のアメリカ人でズービン・メータの親戚だそうですね。若いのに頭を剃り上げているのは何故でしょうね。終演後、会場は大変な盛り上がりでスタンデョング・オベーションの嵐でした。saraiは十分に評価できるCTだと思いました。いずれ、オペラで聴きたいものですね。

プログラムは以下です。

  カウンター・テノール:ベジュン・メータBejun Mehta
  指揮:デイヴィッド・ベイツDavid Bates
  古楽アンサンブル:ラ・ヌオヴァ・ムジカLa Nuova Musica

  ヘンデル:カンタータ「汝らは露にぬれたばら」HWV 162 よりアリア
  ヘンデル:カンタータ「私の胸は騒ぐ」HWV 132c
  コレッリ:合奏協奏曲ヘ長調Op.6-9
  ヨハン・セバスチャン・バッハ:カンタータ「我は満ち足れリ」 BWV 82

    《休憩》

  ヨハン・クリストフ・バッハ:ラメント「ああ、私の頭が水で満ちていたなら」
  ヴィヴァルディ:カンタータ「涙と嘆き」 RV 676
  ヘンデル:5声のソナタ 変ロ長調 HWV 288
  メルヒオール・ホフマン:カンタータ「いざ、待ち望みたる時を告げよ」 BWV 53
  ヘンデル:歌劇(オラトリオ?)「ヘラクレスの選択」HWV 69 より ”Yet can I hear that dulcet lay“ (私はその甘美な歌を聴くことができようか:sarai訳)

そうそう、古楽アンサンブルのラ・ヌオヴァ・ムジカは2007年にイギリスで指揮者のデイヴィッド・ベイツ(彼は元々歌手)が立ち上げたグループだそうで、今日は登場しませんでしたが声楽も含んでいるそうです。いわば、BCJのような存在のようですが、saraiの耳では、まだまだの実力に聴こえました。もっともBCJなどと比べては酷かもしれませんけどね。色々とハプニングがあり、会場では受けていましたが、やはり、音楽の実力で受けないとね・・・。



↓ 音楽を愛する同好の士はポチっとクリックしてsaraiと気持ちを共有してください

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR