fc2ブログ
 
  

マーラーはやっぱりウィーン・フィルで聴かないとね@ザルツブルク音楽祭(祝祭大劇場) 2016.8.6

ザルツブルク音楽祭を聴くのもこれが最後になってしまいました。ちょうど1週間前のウィーン・フィルの演奏会に始まり、最後もウィーン・フィルの演奏会。ウィーン・フィルは昔からザルツブルグ音楽祭の顔です。今日の指揮は80歳を過ぎたズビン・メータ。1週間前の演奏会と同じく、今日のプログラムもすべてウィーン・フィルが初演した曲で固めてあります。なかでもマーラーの《亡き子をしのぶ歌》は作曲家マーラー自身の指揮で初演ですから凄いですね。そのマーラーの《亡き子をしのぶ歌》は圧巻の演奏でした。ウィーン・フィルのしみじみとしたなよやかな演奏には強く胸を揺さぶられます。そして、その伴奏で歌うゲルネの歌唱も抑えた歌唱を中心に時として激しく燃焼し、マーラーの傑作を見事に歌い上げます。昨日のR・シュトラウスも素晴らしかったですが、やはり、マーラーもウィーン・フィルで聴くと格別のものです。指揮のメータも巨匠への道を歩いていくかのごとく、少ないタクトの動作でウィーン・フィルの自発性のある演奏をインスパイアしていきます。《亡き子をしのぶ歌》は5曲とも素晴らしく、第5曲の最後の言葉、ムッターハウスMutter Haus(生家にいるかのように・・・)は胸に深く刻みつけられます。そして、静かに静かにウィーン・フィルの演奏は閉じていきます。こういう音楽が聴きたくて、ここへ来たのだという気持ちが沸き起こります。思い切って、ザルツブルグ音楽祭に来てよかったと強く感じました。

最初に演奏されたペルトの《白鳥の歌》は一定のリズムと旋律が繰り返される一種のミニマル・ミュージックですが、静かな抒情性に満ちた魅力的な音楽でした。
後半のブルックナーの交響曲第4番はメータに触発されたかのようにウィーン・フィルが激しい響きを立てます。いつもはそれでも柔らかい響きに満ちていますが、今日は狂奔するがごとき響きに少々、辟易とします。それでも段々とその響きに耳慣れしたのか、第4楽章ではそのダイナミックかつ大胆な演奏に魅了されます。いささか芝居がかったような音楽にも思えますが、意外にそれがいいんです。ブルックナーの交響曲第4番はこういう演奏が分かりやすくていいのかもしれません。この祝祭大劇場ではやたらに響き過ぎの感もありますが、ウィーン楽友協会だったら響き過ぎでももっと感じが違ったかもしれませんね。まあ、退屈の対極にあるような演奏で結構でした。

プログラムは以下です。

  指揮:ズビン・メータ
  バリトン:マティアス・ゲルネ
  管弦楽:ウィーン・フィル

  ペルト:白鳥の歌
  マーラー:亡き子をしのぶ歌

   《休憩》

  ブルックナー:交響曲第4番変ホ長調『ロマンティック』

結局、最初も素晴らしいマーラーで始まり、最後も素晴らしいマーラーで終わったザルツブルグ音楽祭でした。昨日のR・シュトラウスの《ダナエの愛》が白眉。アデスの《皆殺しの天使》もよかったし、《コジ・ファン・トゥッテ》は最高でした。多分、これが最初で最後のザルツブルグ音楽祭になるかと思うと寂しさもあります。


↓ 音楽を愛する同好の士はポチっとクリックしてsaraiと気持ちを共有してください

 いいね!



>
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ウィーン・フィル,

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR