FC2ブログ
 
  

メンヒスベルクの丘の上の絶景ハイキング

ザルツブルクの8日目。実質、最終日です。
今日は昨日の雨も上がって曇り空ながら、まあまあのお天気です。気温は低め。とても夏には思えません。高原の爽やかさですね。
昨日の雨で予定していたメンヒスベルク~リヒター高台~ホーエンザルツブルグ城の散策をキャンセルしたので、今日はそれをリカバリしましょう。
まずはケーブルカーで楽ちんにホーエンザルツブルグ城に登り、久々にお城見学。お城の高台からは雲で隠れていたウンタースベルクが次第に顔を覗かせて、saraiは大喜びです。

2016080601.jpg


お城からメンヒスベルク方面への道を探しますが、お城から抜け出す道を見つけられずにいったんケーブルカーで下に下ります。岩山沿いにメンヒスベルクのほうに歩いていくと、祝祭大劇場・モーツァルト劇場の大きな建物の手前に岩山に上る石段を発見。これを登るとメンヒスベルクの丘の上の道に出ます。ここからさらに石段をどんどん登っていくと景色のよいハイキングコースに出ます。まずはシュタットアルムの展望台にあるレストランでザルツブルグの町を見下ろしながらのランチです。向かい側の山の上にはさっきまでいたホーエンザルツブルグ城が見えます。その手前には今日もコンサートを聴く祝祭大劇場が見えます。

2016080602.jpg


ここでゆっくりとしていたら、そろそろ、5時からの演劇《イェーダーマン》の時間も迫ってきます。メンヒスベルクの丘の上にある現代美術館に行き、下に下りるエレベーターの料金を見ると、上りも降りも一人2.3ユーロ。馬鹿馬鹿しいので、元来た道を戻ります。途中、メンヒスベルクの丘に巡らせてある巨大な城壁をくぐり抜けます。

2016080603.jpg


最後は祝祭劇場の横に自力で降ります。そこから演劇の会場の大聖堂広場に向かいます。大聖堂広場は演劇の公演のために完全にクローズされています。まだ開場にならないようです。裏側の入口からも入れるようですが、時間があるので、大聖堂の前に周って、そこから入場します。しばらくすると開門して、中に入れます。仮設のスタンドができていて、そこの指定席から演劇を鑑賞します。仮設の木製の舞台の向こうには大聖堂のファサードが見えています。

2016080604.jpg


野外公演なので、お天気が心配でしたが青空も見えてきます。1時間ほどの公演のつもりでしたが、2時間もある長い公演でした。金持ちの男が神の使いの《死》から突然の死を告げられて、あたふたとしますが、最後は信仰心にも目覚め、これまでの生き方を悔いて、清々しい死を迎えるという、ある意味、ありきたりの話ですが、天才劇作家ホフマンスタールの筆にかかると感動的なストーリーの変身します。ドイツ語の分からないsaraiですら、最後に死を弔う大聖堂の鐘の音が響くと静かに感動してしまいました。この演劇はザルツブルグ音楽祭が始まった頃からずっと演じられている由緒のあるものなんです。
ホテルにとって返し、タキシードに着替え、最後の公演、ウィーン・フィルの演奏会に臨みます。ホテルを出ると、何と軽く雨が降っています。野外演劇の最中に雨にならなくてよかったと胸を撫でおろします。
ウィーン・フィルは素晴らしいマーラーに感動。最後に素晴らしい音楽が待っていてくれました。これでザルツブルグ音楽祭の予定はすべて終了。
さあ、明日はウィーンから帰国しましょう。長いようであっという間に終わってしまった今回の旅でした。この後の報告は帰国後になるでしょう。しばらくの間、お別れです。旅の報告に付き合って、最後まで読んでくれた読者のかたがたに感謝します。


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR