fc2ブログ
 
  

ザルツブルグ音楽祭への遠征の経緯、そして、演劇《イェーダーマン》のこと

今回の旅の総括を書いておきたいと思います。
もともと、夏の音楽祭は避けてきていたんです。その心境が変わったのは1冊の本との出会いです。
昨年の秋、神田神保町の古書店を覗いていたときにその本を見つけました。

 植村攻著、巨匠たちの音、巨匠たちの姿、東京創元社刊、1996年初版

この本のことはネットでその存在を知っていましたので、すぐに手に取って、ぱらぱらと拾い読み。とても面白そうなので即、購入。定価2000円ですが、600円と安価で状態も良好。帰りの電車でむさぼるように読み始めました。著者は戦後間もない1955年から4年間、ロンドンで勤務して、当時のヨーロッパの巨匠たちの演奏に接することができたという羨ましい体験をこの本の中に書いています。中でもハイライトはモーツァルト生誕200年の1956年のザルツブルグ音楽祭、そして、1958年のバイロイト音楽祭です。記念の年のザルツブルグ音楽祭はもちろん、1958年のバイロイト音楽祭と言えば、クナッパーツブッシュが音楽祭を支配した年として有名です。その2つの音楽祭をつぶさに体験した話が実にいきいきと書かれています。
この本を読んで、ザルツブルグ音楽祭とバイロイト音楽祭への憧れがぐっと高まりました。
この本で初めて知ったのが演劇の《イェーダーマン》です。1920年に始まったザルツブルグ音楽祭はこの演劇でスタートしました。意外なことに、ザルツブルグ音楽祭は当初、演劇が主力だったそうです。ザルツブルグ音楽祭は演劇人のマックス・ラインハルトが詩人のフーゴー・フォン・ホフマンスタールに呼びかけたのがその開始の経緯です。音楽界からもR・シュトラウスとフランツ・シャルクもその立ち上げに加わりますが、さらにウィーンのブルク劇場の舞台監督だったアルフレッド・ローラーが芸術委員に就任すると、一挙に音楽よりも演劇に比重が高まり、1920年、ホフマンスタールの詩作を原作とした演劇の《イェーダーマン》がマックス・ラインハルトの演出で上演されました。以来、ザルツブルグ音楽祭の重要な柱として、この《イェーダーマン》が大聖堂広場(ドーム広場)が毎年、演じ続けられています。ドイツ語を解さないsaraiですが、この《イェーダーマン》は見逃すわけにはいきません。
今年のお正月に最終的にザルツブルグ音楽祭への遠征を決めたとき、プログラムから《イェーダーマン》の公演を探し、鑑賞スケジュールに組み入れました。その《イェーダーマン》の公演の感想は次回、お伝えしましょう。


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR