fc2ブログ
 
  

ブリュッセルで美術三昧:ベルギー王立美術館、ヒエロニムス・ボッス

2015年7月5日日曜日@ブリュッセル/9回目

ベルギー王立美術館Musées royaux des beaux-arts de Belgiqueの古典絵画エリアを鑑賞しているところです。現在見ているのはフランドル絵画、オランダ/ベルギー絵画です。
次は初期フランドル派、ネーデルランド絵画の異才ヒエロニムス・ボッスの作品を見ていきます。ヒエロニムス・ボッスの本名はイェルーン・ファン・アーケンJeroen van Akenですが、「ヒエロニムス」は本名のラテン語読みで、作品にはボッス(Bosch)とサインをしています。ボッスという名前の由来は彼がオランダのベルギー国境近くの町ス・ヘルトーヘンボッス(デン・ボッス)で生まれ、そこに暮らしていたことによります。

ヒエロニムス・ボッスの《十字架のキリスト》です。1480~1485年頃、ヒエロニムス・ボッス30~35歳頃の作品です。ボッスは生地ス・ヘルトーヘンボッスの聖母マリア兄弟会の会員で、聖母マリア兄弟会のために多くの作品を描きました。この作品もそのひとつです。この作品では、十字架のキリストの左側に聖母マリアと聖ヨハネが立ち、右側に聖ペテロに付き添われた寄進者が跪いています。背景には美しい田園風景と町が描かれており、北方絵画の伝統を感じさせます。

2016090501.jpg



ヒエロニムス・ボッスの三連祭壇画《聖アントニウスの誘惑》です。制作年は不明です。リスボン国立美術館にある同名の作品の画家本人による忠実な模写です。聖アントニウスは、エジプト生まれの修道士で、貧困に喘ぐ者へ財産を与えて、その後砂漠に移り住み、隠修士として瞑想と苦行の生活を送った、修道院制度の創始者として考えられている人物です。本作品では、その聖アントニウスが砂漠で修行中に、悪魔の誘惑を受けて、奇怪で生々しい幻想に襲われる場面を描いています。作品の主題は誘惑に耐える聖アントニウスの信仰心が描き出すことです。こういう作品でこそ、ボッスの真骨頂が活かされます。ボッスの大ファンの配偶者は喜んで見入っていました。

2016090502.jpg



中央パネルを見てみましょう。画面の真ん中で黒い法衣に身を包み、跪いて、壇上で一心に祈りを捧げているのが聖アントニウスです。周りは得体の知れない怪物が取り囲んでいます。画面下の水面では奇怪な魚やエイが蠢いています。画面右には巨大なねずみにまたがった悪魔たちがいます。ボッスならでは怪奇世界です。

2016090503.jpg



左翼パネルは聖アントニウスの飛翔と墜落が描かれています。画面上部の空中には、化け物に放り投げられて連れ去られそうになっている聖アントニウスがおり、下のほうには空から墜落して気絶した聖アントニウスが3人の僧衣に人物に支えられています。3人の人物のうち、一番右の青い頭巾の人物はボッス自身が描かれていると言われています。

2016090504.jpg



右翼パネルには聖アントニウスの瞑想が描かれています。瞑想する聖アントニウスを女性に化けた悪魔が誘惑しようとしています。

2016090505.jpg



この美術館の展示では、この三連祭壇画の裏に周り込めるので、扉絵も見ることができます。これは右翼パネルの扉絵です。

2016090506.jpg



これでボッスはお終い。

このコーナーで最後に何となく気になった作品を最後にご紹介しましょう。


南ネーデルラント派の画家による《死んだ鳥を持つ少女》です。制作年は不明です。作者の名前も不詳です。この絵の背後には、クラナッハのヴィーナスが見えています。この対比がとても面白いです。北方絵画では色んな才能の画家、名のある人もない人も芸術の花を開かせていたんですね。

2016090507.jpg



初期フランドルの絵画コーナーから、さっと別の絵画展示室を見ながら、移動します。

2016090508.jpg



次はバロック絵画に飛びます。ベルギーの代表的画家ルーベンスの出番です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

aokazuyaさん

コメントありがとうございます。デジタルコンサートホールは当面、これきりですが、毎週末、聴かれているんですね。ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲ

03/03 23:32 sarai

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR