FC2ブログ
 
  

アルデンヌでの1日:ムーズ川の奇石、バイヤールの岩

2015年7月6日月曜日@ブリュッセル~ディナン/8回目

ディナンDinantのムーズ川Meuseのクルーズを楽しんでいるところです。といってもクルーズは始まったばかり。岸辺の風景を眺めながらのクルーズが続きます。

右手の建物のどれかが町一番古い建物だそうです。スペイン統治時代の1681年に建てられたものです。一番左の建物でしょうか?

2016101401.jpg



左手の岸辺に小さな教会が見えます。

2016101402.jpg



左手前方に巨大な岩塊が見えてきます。シタデルの見晴台からも見たバイヤールの岩Rocher Bayardのようです。このクルーズの最大の見ものです。

2016101403.jpg



次第にバイヤールの岩の全容が見えてきます。

2016101404.jpg



川岸から、にょっきりと切り立った岩です。

2016101405.jpg



どんどんとバイヤールの岩に近づいていきます。

2016101406.jpg



バイヤールの岩の前を通り過ぎます。因みにバイヤール(バヤール)というのは、12世紀の古フランス語の武勲詩『エイモン公の4人の子ら』に登場する魔法の馬の名前です。この写真では分かりにくいですが(ひとつ前の写真を見ると分かります)、手前の岩と奥の岩山の間に大きな亀裂があり、その亀裂はバイヤールが蹄で蹴ったために出来たという伝説があります。そのため、この岩はバイヤールの岩と呼ばれるようになりました。亀裂の間は車が1台通り抜けられるほどの幅になっています。なお、13世紀までには、赤茶色の毛に黒いたてがみをもつ馬に「バイヤール(バヤール)」と名づけるのが慣用となっていたそうです。

2016101407.jpg



バイヤールの岩を通り過ぎるとシャルルマーニュ道路Route Charlemagneの自動車橋が現れます。古い伝説の岩と新しい橋の組み合わせは何と言うか、面白くもあり、興醒めでもあります。なお、シャルルマーニュ道路はケルンとパリを結ぶ高速道路です。

2016101408.jpg



クルーズ船は余裕でこの自動車橋の下をくぐり抜けます。橋の先にある島はアムール島Île d'Amour、すなわち、愛の島です。いわくありげな島の名前ですね。恋人たちの逢引の場所だったのかな。

2016101409.jpg



やがて、ムーズ川に架かる鉄橋が見えてきます。その鉄橋の下の右手には、アンセルメの水門も見えています。この水門を通って、船がムーズ川の水位を調整して、行き来しています。川の中央は堰になっています。

2016101410.jpg



この鉄橋の左手には、支流のレス川Lesseが流れ込んでおり、そのレス川に古代ローマに起源を持つ聖ヨハネ橋が架かっています。ここにも古と現代の交差点があります。

2016101411.jpg



聖ヨハネ橋の右手には小さな教会が見えます。洗礼者聖ヨハネにちなむ教会でしょうか。

2016101412.jpg



ここでクルーズ船は向きを変えて、ディナンの町のほうに戻っていきます。これからは先ほどの復習ですね。

2016101413.jpg



また、バイヤールの岩の前に戻ってきます。何度見ても、何か魅力を感じる岩です。

2016101414.jpg



この角度からははっきりとバイヤールの岩の亀裂が見てとれます。亀裂の手前の岩山の頂上に何か見えます。旗が無風のために垂れ下がっているようですね。ベルギー国旗かな。

2016101415.jpg



川岸には色とりどりの建物が並んでいます。

2016101416.jpg



先ほども見た小さな教会が見えてきます。名も知らぬ教会ですが、岸辺の教会とでも名付けたいですね。

2016101417.jpg



このあたりも岩山が立ち、渓谷の体を形作っています。

2016101418.jpg



カジノがあります。新しくできた建物だそうです。

2016101419.jpg



ここまでのクルーズのルートを地図で確認しておきましょう。

2016101420.jpg



もうすぐディナンの町に着きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR