fc2ブログ
 
  

伝説の名演:チェリビダッケの《展覧会の絵》 ベルリン・ライブ

このところ、コンサートで《展覧会の絵》を聴くことが多く、この曲に関心が向いています。《展覧会の絵》と言えば、ムソルグスキーの原曲はピアノ独奏版ですが、ラヴェルの編曲したオーケストラ版が有名です。saraiも昔はこのオーケストラ編曲版を好みましたが、最近はピアノ独奏の原曲を好んでいます。CDではリヒテルの1958年のソフィア・リサイタルでの物凄い演奏があります。リヒテルが西側に初めて紹介された記念すべき録音だそうです。ミスタッチの多さにも驚きますが、そんなものはものともしない豪快でド迫力のリヒテルの演奏に恐れ入って聴き入るのみというCDです。ホロヴィッツも凄い演奏です。1951年のカーネギー・ホールのライブです。ただ、これはホロヴィッツの編曲版の演奏です。これもやりたい放題の演奏です。この古い録音が横綱級の演奏で、その後、なかなか、この凄まじい演奏に迫るものがありませんね。

オーケストラ編曲版では、ジュリーニ指揮シカゴ交響楽団の素晴らしい演奏がありますが、最近聴いたマルケヴィッチ指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団も素晴らしい演奏でした。
しかし、噂では、あのチェリビダッケの凄い演奏があるということで、これまで気になって、仕方がありませんでした。問題は非正規盤で入手性が悪いということです。

 1986年9月23日ベルリン・ライヴ 米AUDIOR AUD-7009~10

オーケストラはチェリビダッケの鍛え上げたミュンヘン・フィルです。この20日後にチェリダッケがミュンヘン・フィルを率いて来日したときの記録も録音されています。1986年10月14日人見記念講堂ライヴです。ベルリン・ライブとはもちろん、別物です。こちらはFM東京の音源をALTUSが正規にリリースしています。
で、遂にそのベルリン・ライブの幻のCDを入手して、今日、聴いたんです。

絶句・・・何とも凄い演奏でした。噂通りです。まったく別次元とも思える演奏で、CDとは言え、自宅のオーディオルームで大変な緊張感を強いられて、実演を聴く感覚になりました。

冒頭のプロムナードでトランペットが厳かに吹奏するところから、この演奏の魔力に魅せられます。まるで秘密の儀式に参加しているかのような雰囲気です。それにその音の背後にチェリビダッケの物凄い《気》を感じます。だからこそ、まるでsarai自身がこのコンサートを生で聴いているような錯覚に襲われるのかも知れません。この後もsaraiはチェリビダッケの呪縛から逃れることはできません。演奏は後半になって、ますます物凄いことになっていきます。《カタコンベ》は通常の演奏では少し退屈することもありますが、この演奏では驚くほどの緊張感の高まりに襲われます。ともかく、ブルックナーで鍛え上げられた金管のセクションが凄い響きを聴かせてくれます。《ババ・ヤガー》の強奏と弱奏の対比的な演奏のあたりの高揚感で強い感動を味わいます。このエンターテインメントの代表格のような音楽で感動したのは初めてのことです。そして、終曲の《キエフの大門》に突入していきます。もちろん、突入といってもチェリビダッケの指揮ではいつものようにスローテンポですが、ゆったり感はなく、強烈な高揚感に満ちています。ここからは言葉では表現できない世界にはいり、saraiはしびれるような感覚で音楽と一体化するのみです。何度も感動の大波に襲われながら、フィナーレにはいっていきます。と、チェリビダッケの声と思われる一喝とともに頂点に上りつめます。歓声と拍手が巻き起こりますが、いささかタイミングが早過ぎます。まあ、ベルリンの聴衆の気持ちは分かりますが、もう少し、感動の空白が欲しいところでした。

凄い音楽を聴きました。これまでCDを聴いていて、実演と同様に感動したのは、チェリビダッケとミュンヘン・フィルが演奏した非正規盤のリスボン・ライブのブルックナーの交響曲第8番だけです。いやはや、チェリビダッケの凄さをまた体験してしまいました。彼の実演を聴き逃がしてしまったsaraiですが、CDで追体験できて幸せです。

なお、チェリビダッケのリスボン・ライブについて綴った記事はここです。

今更ながら、EMIの正規盤(1993年録音)と人見記念講堂ライヴも聴いてみましょうか・・・



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR