FC2ブログ
 
  

R・シュトラウス、シュトラウス、シュトラウス・・・最高!!林正子 ソプラノ・リサイタル@横浜みなとみらいホール 2016.10.19

いやあ、とてもよかった!! R・シュトラウスのファンなら垂涎もののリサイタルでした。日本人ソプラノがこんなに見事にR・シュトラウスを歌えるなんて、想像だにしませんでした。じゃあ、何故、このリサイタルに足を運んだかというと、あまりにもプログラムが魅力的だったからです。特に第2部はR・シュトラウスの晩年の傑作揃いだったからです。(当初は「ダナエの愛」もアンコール曲ではなくて、本編のプログラムにはいっていました) 《4つの最後の歌》、《カプリッチョ》、《ダナエの愛》はオーケストラ曲の《メタモルフォーゼン》と合わせて、R・シュトラウスの傑作中の傑作ですから、聴き逃がせません。それにこんな大曲に挑む日本人ソプラノってどんな歌手なのか、大いに興味もありました。

第1部の《8つの歌》から、なかなか魅力的な歌唱です。saraiの趣味から言えば、もっと澄み切った声のほうがいいのですが、林正子さんの声も素晴らしいです。日本人ソプラノに多い細い声ではなくて、ボリュームのある響きで美しい声です。変な言い方ですが、違和感のないR・シュトラウスです。献呈、万霊節あたりが心に染み入る歌唱でした。そして、圧巻だったのは《サロメ》です。圧倒的な歌唱でした。欲を言えば、もっとドロドロとした雰囲気がほしいところですが、オペラそのものではないので、それは無理ですね。

そして、期待していた第2部です。《4つの最後の歌》は最高に素晴らしい歌唱でした。第3曲の《眠りのときに》では感動のあまり、涙が出てきました。さらに第4曲の《夕映えに》でも感動しっぱなし。涙なしには聴けません。かぶりつきで聴きましたから、余計、感動が大きかったかもしれません。ピアノの石野真穂さんも見事な演奏。実に美しい響きでうっとりと聴かせてくれました。
最後の《カプリッチョ》のマドレーヌのモノローグもとても素晴らしく、嬉しくなって、聴き入っていました。それに林正子さんの歌唱は精魂込めた大変な熱唱でした。

プログラムにあった《ダナエの愛》が聴けなくて、残念と思っていたら、何とアンコールとして歌ってくれて、大満足。これまた素晴らしい歌唱でしたが、林正子さんはもう精力を使い果たし、喉をからしての歌唱。それほど、熱のこもった歌唱だったんです。最後の高音がうまく出ませんでしたが、もちろん、納得です。今日はとてもよいものが聴けて、大いに満足したリサイタルでした。

ところで苦言をひとつ。曲間で拍手をする人たちがいましたが、あれはやめてください。特に《4つの最後の歌》の第3曲で感動しているのに次の第4曲の前で無粋な拍手。あなただけのコンサートではないし、それにあなたは感動しなかったんでしょうか。感動していたら、とても拍手なんかできなかった筈ですよ。熱唱していた林正子さんに対しても失礼です。

今日のプログラムは以下です。


  ソプラノ:林正子
  ピアノ:石野真穂

  【第1部】

  R.シュトラウス:8つの歌 Op.10
           献呈/何もなく/夜/ダリア/待ちわびて/もの言わぬ花/サフラン/万霊節
  R.シュトラウス:オペラ「サロメ」より 最終場面
           「おまえは口づけさせようとしなかった ヨカナーンよ」

  【第2部】

  R.シュトラウス:4つの最後の歌
           春/九月/眠りのときに/夕映えに
  R.シュトラウス:オペラ「カプリッチョ」より ソネットと伯爵令嬢のモノローグ(最終場面)
           「心をこれほど燃え立たせるものは 他にない」

   《アンコール》

  R.シュトラウス:オペラ「ダナエの愛」より 第3幕の ダナエのモノローグ
           「あなたは 私をやすらぎで包んでくれる」


せっかくですから、横浜みなとみらいホールと林正子さんに再度のR・シュトラウス尽くしのリサイタルを企画してくれるようにお願いしたいと思います。アリアドネ、マルシャリン、エレクトラ等々、まだ聴きたい曲は山ほどあります。《明日の朝》も聴きたいですね。是非とも、よろしくね。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR