FC2ブログ
 
  

バロックの響きを堪能:フライブルク・バロック・オーケストラ I@トッパンホール 2016.10.21

バロック・オーケストラと言えば、ほとんど、声楽と一緒にしか聴いたことがありません。カウンター・テノールのコンサートとか、オペラとか、マタイ受難曲のような宗教曲です。今日は趣を変えて、バロックのコンチェルトを聴いてみることにしました。独奏ヴァイオリンか複数のヴァイオリンによる合奏協奏曲のガラ・コンサートのようなものです。作曲家はバロックを代表するコレッリ、ヴィヴァルディ、バッハ、ヘンデルとてんこ盛りです。今日、6曲、次回、6曲聴きます。なかでもバッハのヴァイオリン協奏曲はすべて聴くことになります。

ヴィヴァルディが地味な曲であの晴れやかさがなかったのが残念ですが、ほかはバロックらしい落ち着いた中に哀愁や喜びを込めた音楽を楽しめました。なかでもヘンデルの合奏協奏曲はアンコールも含めて、艶のある演奏で心に染み入りました。バッハは堅実な演奏で心地よく聴かせてもらいました。コレッリは滅多に聴く機会がないので新鮮に感じる演奏です。

今日のプログラムを紹介しておきます。

  弦楽合奏:フライブルク・バロック・オーケストラ

  ヴィヴァルディ:歌劇《オリュンピアス》RV725より 序曲
  J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番 ホ長調 BWV1042
  ヘンデル:合奏協奏曲 イ長調 Op.6-11

  《休憩》

  ヴィヴァルディ:シンフォニア ロ短調 RV169《聖なる墓にて》
  J.S.バッハ:3つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ長調 BWV1064R
  コレッリ:合奏協奏曲 ニ長調 Op.6-1
   《アンコール》
     ヘンデル:合奏協奏曲 ニ短調 Op.6-10より 第5楽章、第6楽章

次回は来週の月曜日になりますが、今度はヴィヴァルディも気持ちよく聴けるといいな。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR