fc2ブログ
 
  

アルデンヌでの1日:ディナンは偉大なサックス氏の町、そして、アンヌヴォワ城に出発

2015年7月6日月曜日@ブリュッセル~ディナン/10回目

ディナンDinantのムーズ川Meuseのクルーズを終えて、ディナンの町をぶらぶらすることにします。ディナンの町見物の最後はこの町が生んだ最大の偉人?のサックス氏宅訪問です。サックス氏は楽器のサクソフォンを考案した人です。ディナンの町並みには、サクソフォンのオブジェが飾られています。

2016102601.jpg



サックス氏宅は今はサックス博物館Maison Adolphe Saxになっています。無料なので、ちょっと見学しましょう。

2016102602.jpg



様々な形のサクソフォンが展示されています。サクソフォンと言えない形のものもありますが、これは試作品なのかな。それともサクソフォンを分解したパーツなのかな。

2016102603.jpg



これは間違いなく、普通のサクソフォンですね。

2016102604.jpg



博物館といってもあっさりしたものです。あっという間に鑑賞完了。通りに出ると、路面に足形が見えます。これは街歩きの案内の標識でしょう。親切ですね。

2016102605.jpg



おっ、ベンチに座っているのはサックスさんですね。saraiがサックス氏と一緒にベンチに腰かけて、配偶者にパチリと写真を撮ってもらいましょう。

2016102606.jpg



サックスのオブジェが街中を賑わしています。それを見ながら、通りを歩きます。

2016102607.jpg



このオブジェが通りにずらっと並んでいます。ディナンはサックスの町ですね。

2016102608.jpg



このあたりで、すべてのディナン観光は終了。まだ2時半で時間もたっぷりあるし、お天気も最高で気持ちがよいので、当初の予定通り、アンヌヴォワ城Château d'Annevoieに行ってみましょう。ここからはバスでアンヌヴォワ城に向かうことになります。まだバスの出発時刻までは少し間がありますが、念のために駅前のバス乗り場を確認しておきましょう。旧市街からシャルル・ド・ゴール橋を渡って、駅前の通りに出ます。遠足の子供たちが前を歩いています。

2016102609.jpg



駅前のバス停に到着。予定の時刻のバスは確かに時刻表に書いてあります。ツーリストインフォメーションのお姉さんが教えてくれた通り、ナミュールNamur行の34番のバスは3時7分発ですから、あと30分近くあります。

2016102610.jpg



サックス博物館から駅前のバス停までのルートを地図で確認しておきましょう。

2016102611.jpg



本当はムーズ河畔で昼食を楽しみたかったのですが、その時間はもうありませんね。バスの発着が見渡せるカフェの席に腰を落ち着けます。

2016102612.jpg



モナコMonacoという大きなカフェのテラス席です。

2016102613.jpg



このカフェで、アイスクリームを食べて休憩と時間調整をします。
これが配偶者のオーダーしたアイスクリーム。

2016102614.jpg



これはsaraiのオーダーしたアイスクリーム。どちらも同じようなものでした。でも、とってもボリュームがあって、食べ切るのが大変。

2016102615.jpg



バスは時間通りにやってきました。女性の運転手です。

2016102616.jpg



彼女からチケットを買います。一人3.2ユーロです。

2016102617.jpg



彼女にアンヌヴォワ城で降ろしてねとお願いします。「バス停からはちょっと歩くことになるけど了解よ」と快諾してくれます。バスはすぐに出発します。ディナンの町の狭い通りを抜けていきます。

2016102618.jpg



バスのルートを地図で確認しておきます。ディナンの駅前からアンヌヴォワまでです。

2016102619.jpg



やがて、バスは鉄道の線路に沿って走り出します。

2016102620.jpg



アンヌヴォワまでは15分ほどかかるようです。しばらくはバスの車窓の景色を楽しみます。目的地では女性運転手さんがちゃんとおろしてくれるので、安心です。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR