FC2ブログ
 
  

アルデンヌでの1日:アンヌヴォワ城の庭園散策・・・ロマンチックな小路

2015年7月6日月曜日@ブリュッセル~ディナン/15回目

ディナンDinant近郊のアンヌヴォワ城Château d'Annevoieの庭園を散策しているところです。
花園の前を通り過ぎるところです。花園があるのは大遊歩道La Grande Aléeと呼ばれる生垣に囲まれた庭園の中です。その大遊歩道の奥を眺めると4体の彫刻が見えます。これは四季をテーマにした騙し絵彫刻です。騙し絵技法を用いて、人工的に立体感を出しているそうですが、遠くから見ているとまさに騙されるだけです。実際がどういう彫刻なのか、詳細は分かりません。4体はそれぞれ、幼少期、青年期、壮年期、老年期という人間の生涯における4つの時期を表しているそうです。

2016110501.jpg



この大遊歩道の反対側は城館の建物の裏庭になっています。これも美しくデザインされた庭です。

2016110502.jpg



裏庭に面した城館の建物も美しいですね。でも、城館の内部には入れないようです。建物の外観だけを楽しむことにします。

2016110503.jpg



裏庭の周りは城館の建物が取り囲んでいます。裏庭というよりも中庭といったほうが正確です。

2016110504.jpg



中庭から出て、また、散策路を先に進みます。後ろを振り返ると、城館前の池も遠くに見えるようになりました。右手のすぐ先に大遊歩道の入口が見えています。

2016110505.jpg



散策路は石造りの建物の間に挟まれた道になります。右側の建物は城館の建物の続きです。

2016110506.jpg



散策路は左側の建物の裏のほうに周り込んでいきます。そこは石畳のテラスのような空間です。紫色の小さな花が可憐に咲いています。

2016110507.jpg



石畳のテラスには白いテーブルとチェアーも置かれて、寛げる空間になっています。残念ながら、カフェにはなっていません。

2016110508.jpg



色んな植物が目を楽しませてくれます。

2016110509.jpg



石畳のテラスの横の散策路を進んでいきます。

2016110510.jpg



菜園に沿って、散策路が続きます。菜園の脇にも野花が綺麗に咲いています。

2016110511.jpg



菜園を通り過ぎて進んでいくと、生垣の間の小路にはいります。小路の先には先ほどの大遊歩道の花園が見えます。

2016110512.jpg



大遊歩道の方へは行かずに反対側の進むと真ん丸い池の前に出ます。この池はアーティチョークの池Le Bassin de l'Artichautです。写真では、よく分かりませんが、噴水の上がる形がアーティチョークの形を模しています。

2016110513.jpg



アーティチョークの池から右のほうにある木々のトンネルの中に入って、歩いていきます。涼し気な小路です。この小路には溜息の並木道l'Alée des Soupirsという洒落た名が付けられています。

2016110514.jpg



溜息の並木道の突き当りには古びた大きな石が置かれ、その石の中から小さな噴水が上がっています。

2016110515.jpg



愛の噴水La Fontaine de l'Amourです。傍らには彫刻作品、黒の貴婦人La dame en noirが置かれています。妙にロマンチックな雰囲気になってきます。

2016110516.jpg



また、木々のトンネルの中を進んでいきます。

2016110517.jpg



明るい広場に出ます。池の真ん中の小島の上にはイノシシの石像が置かれています。ここはその名もイノシシの間Le Salon du Sanglierと呼ばれる空間です。

2016110518.jpg



ここまでの庭園散策のルートを庭園案内図で確認しておきましょう。

2016110519.jpg



アンヌヴォワ城の庭園散策はまだまだ続きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR