FC2ブログ
 
  

アルデンヌでの1日:アンヌヴォワ城からゴディン駅まで、テクテクと徒歩移動

2015年7月6日月曜日@ブリュッセル~ディナン/21回目

ディナンDinant近郊のアンヌヴォワ城Château d'Annevoieでのディナーを終えて、ブリュッセル行きの電車に乗るために最寄りの駅ゴディンGodinneに向かいます。
アンヌヴォワ城のレストランを出て、ジャルダン・ダンヌヴォワ通りRue des Jardins d'Annevoieに出ます。何とアンヌヴォワ城の前にはバス停があります。でも、観光客に都合のよい時間にはバスは運行していないようです。このあたりに住む人たちが町への通勤に便利な時間だけ、日に2本ほど、それぞれディナンやナミュールの間を往復しているようです。すごすごとバス停の前を通り過ぎます。

2016111601.jpg



ジャルダン・ダンヌヴォワ通りを来たときとは逆方向に歩きます。今度は坂道を下りるので楽ちんです。

2016111602.jpg



ディナンから乗ってきたバスを降りた場所に戻ってきました。このナミュール通りChaussée de Namurには案内板が立っています。通りを右へ行けばディナン、左に行けばナミュールです。ゴディンへはとりあえず、左に向かえばよいようです。

2016111603.jpg



すぐにロータリーにぶつかります。案内の標識に従って、ナミュール通りから右の通りに折れて、ゴディン駅に向かいます。

2016111604.jpg



直ぐに、ムーズ川Meuseにかかる橋が見えます。ディナンのツーリストインフォメーションのお姉さんが、橋を渡るのよと言っていた橋のようです。でも、よく見ると工事中のようです。エ~、この橋が渡れなかったら大変です。よ~く見ると、人は渡れるようです。一安心です。

2016111605.jpg



橋の袂からはムーズ川の美しい流れも見えます。この流れの先にはディナンの町があります。

2016111606.jpg



saraiは元気よく工事中の橋の中央を渡ります。この橋はルイヨン橋Pont de Rouillonです。

2016111607.jpg



ルイヨン橋を渡り終えると、ゴディンの町です。

2016111608.jpg



橋に続くポン通り(橋通り)Rue du Pontをまっすぐに歩いていくと、やがて、ゴディン駅の案内板があらわれます。安心して歩けますね。

2016111609.jpg



盛大な看板もありますが、残念ながら、これにはゴディン駅の表示はありません。しかし、色んな施設があるほうに向かえば大丈夫でしょう。

2016111610.jpg



住宅街が続きます。また、ゴディン駅の方向を示す小さな案内板があります。助かります。ちょっと不安になるほど真っ直ぐ歩きますが、小さな案内板がしっかりあります。あれ、ない!と思ったら右折の案内板をうっかりと見過ごすところでした。

2016111611.jpg



右折して、フェルム通りRue de la Fermeを少し歩いていくと、その突き当りで踏み切りを発見。ぶつかったグランド通りRue Grandeの反対側です。

2016111612.jpg



グランド通りを渡って、踏切に向かいます。

2016111613.jpg



踏切に近づくと案内板が立っています。どうやら、踏切の左のほうに駅があるようです。

2016111614.jpg



踏切を渡ると、すぐ目の前にプラットホームがあります。ホームに上がって、ホームの中ほどまで進みます。

2016111615.jpg



ここまで歩いて30分ほどかかりましたが、無事にゴディン駅に到着。

アンヌヴォワ城からゴディン駅まで歩いたルートを地図で確認しておきましょう。大雑把な地図ですが、この地図のお陰で何とかなりました。

2016111616.jpg



ブリュッセル行きの電車が来るまで、まだ30分ほど時間があるようです。駅の様子でも見物しながら気長に電車の到着を待ちましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR