FC2ブログ
 
  

ブリュッセル、最後の散策・・・サン・ミッシェル大聖堂~朝食~中央駅

2015年7月7日火曜日@ブリュッセル~パリ/2回目

ブリュッセルのサン・ミッシェル大聖堂Cathédrale des Sts Michel et Guduleの大きな内部空間を見学しています。空間の中央のクロッシング部分に立って、後方を振り返ります。林立する柱と彫刻、入口の扉の上の大きなステンドグラス、天井のリブ、美しいゴシック様式の空間です。

2016112801.jpg



彫刻の取り付けられた柱の後ろには側廊が見え、美しいステンドグラスも見えます。

2016112802.jpg



内陣の奥に進むと素晴らしいステンドグラスが見えます。

2016112803.jpg



内陣の前からクロッシングのほうを眺めます。頑強な石造りの建物です。

2016112804.jpg



中央部分に戻って、美しいパイプオルガンを眺めます。後で壁に取り付けられたようです。妙なる響きが大聖堂内部に満ちるのでしょう。パイプオルガンの下に覗いて見えるステンドグラスも超美しいですね。

2016112805.jpg



これで内部空間の見学を終了。
サン・ミッシェル大聖堂は外から見ても、中を見てもあきれるばかりの規模と美しさを誇ります。
大聖堂を出ると、遠くに尖塔が見えます。グランプラスGrand-Placeにある市庁舎Hôtel de Ville de Bruxellesの塔でしょうか。

2016112806.jpg



大聖堂の立派な石段を下りて、大聖堂前の広場に出ましょう。

2016112807.jpg



大聖堂前の広場に出ました。この辺りでブリュッセル観光は終了としましょう。そろそろカフェでゆっくりと朝食を食べて過ごしましょう。中央駅に向かい、そこで朝食を食べて、地下鉄でホテルに戻るのがよさそうですね。大聖堂からサント・ギュデュ広場Place Sainte-Guduleを歩いて中央駅のほうに向かいます。大聖堂の重厚な建物を眺めながら歩きます。

2016112808.jpg



右に折れて、シャンセルリー通りRue de la Chancellerieを進みます。

2016112809.jpg



コロニー通りRue des Coloniesにぶつかったところで右に折れて、まっすぐに進むと中央駅に出ます。中央駅近くでキッシュとスープで5ユーロという看板が目に留まります。こちらは、交通費は安いですが、飲食はかなり高い気がします。初めて手頃感のあるメニューです。このMeeting Pointというカフェに入ります。セルフサービススタイルのお店です。1階のカウンターで料理を購入して、2階に上がります。テーブルはがらがらに空いています。中途半端な朝食タイムですからね。

2016112810.jpg



窓際の眺めのいい席につきます。コロニー通りが見下ろせます。

2016112811.jpg



これが配偶者のキッシュとスープです。

2016112812.jpg



同じようなものですが、これはsaraiの選んだキッシュとスープです。5ユーロですから、こんなものでしょう。

2016112813.jpg



なかなか美味しかったですよ。
ところで、昨日から絵葉書が出せていないことが気になっています。朝食を終えたところで、中央駅に郵便局があるとガイドブックに書いてあるので行ってみましょう。中央駅Bruxelles Centralはそんなに広くはないのでグルリと見渡しますが、郵便局らしきものはありません。構内のお菓子スタンドの人に聞くと、地下の本屋にあるとのことです。まさか本屋さんと郵便局が同居しているわけはないので、本屋さんの近くにあるということでしょうね。早速、地下に移動しますが、郵便局も本屋もありません。うろうろ探し回って、ようやく本屋を見つけました。その本屋で聞くと、反対側にあるお店に行けとのこと。探しているのは、お店じゃなくて郵便局なんですけどね。反対側のお店はこれです。

2016112814.jpg



このお店に入ると、何とポストがあります! これが探していた郵便局のようです。そして、エアメールの切手も売ってくれます。ようやく絵はがきに切手を貼って、ポストに投函。ほっ・・・

2016112815.jpg



でも、このお店は外見ではとても郵便局にはみえません。その気で見ると、案内板には、封筒の印があります(一番右下にあるアイコン)。

2016112816.jpg



そして、bpostという表示もあります。しかし、これくらいでは分からないですね。

2016112817.jpg



すぐそばにコインロッカーのようなものがありますが、bpostという表示があるので、これは私書箱か、郵便受け取りボックスなんでしょうか。まあ、国によって、色んな文化があるものです。

2016112818.jpg



サン・ミッシェル大聖堂から中央駅まで歩いてきたルートを地図で確認しておきましょう。

2016112819.jpg



さあ、急いで、ホテルに戻って、荷物を持って、パリ行きの列車に向かうことにしましょう。あまり、時間に余裕はありません。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR