FC2ブログ
 
  

モンマルトル散策:美しきサクレ・クール寺院とパリの絶景、そして、路地歩き

2015年7月8日水曜日@パリ/5回目

モンマルトルMontmartre界隈を散策中です。

サクレ・クール寺院Basilique du Sacré-Cœurの前に着くと、ぱっと視界が開け、パリが一望できます。この大平野の中に、何故モンマルトルの丘があったのでしょう。わざわざ作った見晴台のようです。しばらく絶景に見とれます。

2016121001.jpg



サクレ・クール寺院前の石段に座り込んで、パリの眺めに見入っている人たちもいます。

2016121002.jpg



真っ正面から見上げたサクレ・クール寺院の威容です。ビザンチン様式に思えますが、ロマネスク・ビザンチン様式というのだそうです。

2016121003.jpg



さあ、サクレ・クール寺院に入ってみましょう。ちょっと内陣の雰囲気が他の教会とは違いますが、やはり立派なものですね。写真を撮ろうとしますが、撮っている人がいません。よく見ると、撮影禁止の表示があります。それに、大勢の人がいるのですが、いやにシーンとしています。厳粛な感じがします。静かにするようにとの張り紙もありますが、係りの人が見回って指導しているようです。我々もそっと見回って、写真撮影も控えます。ということで内部の様子は買い求めた絵はがきで見てください。ビザンチン様式の内陣の天井が見事です。

2016121004.jpg



サクレ・クール寺院の外に出ると、また、多くの観光客の喧噪とパリの街を見下ろす絶景が待っています。

2016121005.jpg



サクレ・クール寺院の威容を再び見上げます。白亜の素晴らしい建物です。

2016121006.jpg



ぐるっと建物を見回します。とても綺麗ですね。パリを代表するスポットなのも当然です。

2016121007.jpg



さて、サクレ・クール寺院の前からぶらぶらとモンマルトルの丘を散策します。サクレ・クール寺院とサン・ピエール・ド・モンマルトル教会Église Saint-Pierre de Montmartreの間の路地、カルディナル・ギベール通りRue du Cardinal Guibertを歩き、すぐ先の角で左に折れて、シュヴァリエ・ド・ラ・バール通りRue du Chevalier de la Barreに入ります。観光客で賑わう中を進むとモン・スニ通りRue du Mont Cenisにぶつかります。

2016121008.jpg



右に折れて、モン・スニ通りに入ります。モンマルトルの雰囲気たっぷりのアパルトマンがあります。

2016121009.jpg



モン・スニ通りを歩きます。通りは両側駐車の車であふれています。これじゃ、車がほとんど走れませんね。

2016121010.jpg



モン・スニ通りを進んでいくと、建物が途切れたところで、また、サクレ・クール寺院の塔が1本見えます。美しいですね。

2016121011.jpg



緑の木の先に白い塔が見えてきます。水のお城Le château d'eauです。クロード・シャルパンティエ広場square Claude Charpentier à Montmartreの一画にあります。1835年に建てられて、近隣に水を供給する役割をはたしています。

2016121012.jpg



これが緑あふれるクロード・シャルパンティエ広場です。

2016121013.jpg



モン・スニ通りはこの先大きく左に湾曲して、コルト通りRue Cortotに続きます。

2016121014.jpg



モン・スニ通り自体はまだ、まっすぐに続いてはいますが、この先は石段になっているようです。

2016121015.jpg



石段の手前から、その先を眺めます。ずいぶん、石段で下っていくようです。モンマルトルの丘の向こうの眺めもよく見えます。石段の両側に綺麗なアパルトマンが建ち並んでいます。

2016121016.jpg



モンマルトルの白いアパルトマンの建物は魅力たっぷりです。

2016121017.jpg



この石段の前から振り返って、水のお城の綺麗な姿を眺めます。

2016121018.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。


2016121019.jpg



まだまだ、モンマルトルの丘の散策は続きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR