FC2ブログ
 
  

最後のパリ散策:中世を彷彿とさせるクリュニー美術館

2015年7月9日木曜日@パリ/2回目

クリュニー美術館Musée de Clunyはソルボンヌ大学に近い美しい建物が建ち並ぶ賑やかなところに位置しています。サン・ジェルマン大通りBoulevard Saint-Germainからサン・ミッシェル通りBoulevard Saint-Michelに右折すると、すぐに左手に鉄柵が現れ、その鉄柵の奥にローマ遺跡のような建物が見えてきます。

2016122001.jpg



パリの街のど真ん中にこんな廃墟のようなものがあるとはね・・・。

2016122002.jpg



このクリュニー美術館の建物はありますが、なかなか入口が見つかりません。建物に沿って、左に曲がって、ソメラール通りRue du Sommerardを進みます。しかし、この通り沿いには入口がなく、さらに左に折れて、ポール・パンルヴェ広場Square Paul-Painlevéに入ると、ようやく、入口が現れます。

2016122003.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2016122004.jpg



入口を抜けて、前庭にはいると、目の前に、ゴシック後期のフランボワイヤン様式とルネッサンス様式が混合した古めかしい建物が出迎えてくれます。

2016122005.jpg



一気に15世紀にタイムスリップしたような錯覚に襲われます。大きな建物は頭を巡らせないと見ることができません。右側のほうを眺めます。

2016122006.jpg



今度は左側のほうを眺めます。

2016122007.jpg



この建物は、14世紀にブルゴーニュのクリュニー修道会がパリの拠点として建設した修道院長の別邸を起源としています。15世紀になって大幅に再建されたものが現在の建物です。その敷地は1世紀から3世紀にかけて作られたローマ時代の浴場跡とその付近です。

入口のほうを振り返ると、高く堅固な石の塀が外部とこの前庭を仕切っています。観光客がその石塀の前のベンチに座り込んでいますね。この中世の雰囲気を堪能しているのか、単に観光に疲れたのか、どちらなんでしょう。

2016122008.jpg



前庭にある古井戸です。まさに中世そのものの雰囲気です。

2016122009.jpg



しばらくはこの中世の雰囲気に浸っていたいところですが、saraiの目的はあくまでも《貴婦人と一角獣》のタペストリーです。早速、建物の右手にあるエントランスから美術館の中に入ります。まずは入館チケットを購入。一人9ユーロ、1000円ほどです。

2016122010.jpg



英語版のパンフレットもいただきます。日本語版はありません。

2016122011.jpg



入口を入るとミュージアムショップがあります。そこを抜けると、展示室が始まります。
まずは15世紀の彫刻が並んでいます。

2016122012.jpg



厨子に収められた3体の彫像です。保存がよく、綺麗ですね。

2016122013.jpg



その先にステンド・グラスの展示室があります。12世紀から13世紀のオリジナルのステンド・グラスを展示しています。間近で鑑賞するステンド・グラスの精細さは見事以外の何物でもありません。

2016122014.jpg



ここからは墓石の並ぶ通廊がますます中世の雰囲気を感じさせます。墓石は12世紀の葬礼芸術なのだそうです。

2016122015.jpg



墓石の通廊から右の大きなノートルダム展示室に入ると、ノートルダム大聖堂の正面を飾る「諸王の像」が並んでいます。ユダヤとイスラエルの王様達です。これらはフランス革命時にフランス国王像と間違われ、落とされ破壊されてしまいました。その後、ノートルダム大聖堂の諸王のギャラリーは復元されましたが、ここにあるのがオリジナルの王様達です。

2016122016.jpg



壊れた石像の一部が展示されています。なお、この場所はかつての浴場の一部です。

2016122017.jpg



まだ、1階の見学が続きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR