fc2ブログ
 
  

シャルトル大聖堂:モンパルナス駅からシャルトルへ

2016年7月21日木曜日@パリ~シャルトル/1回目

今日から早速、ノートルダム大聖堂巡りの開始。まずはシャルトルブルーのステンドグラスで有名なシャルトル大聖堂に出かけます。
今朝、空は曇っていますが、雨は降りそうにはありません。でも、突然の雷雨の予報もあるので傘は持ちましょう。まあ、涼しいのが何よりです。
まだ時差で頭がおかしく、saraiらしくなく朝早く起き出します。朝6時過ぎです。滅多にないことです。もったいないので予定よりも早い電車に乗ることにします。さっさと身支度して、7時前にホテルを出ます。まずはリヨン駅Gare de Lyonに向かいます。

2017012301.jpg



最初に必要なのは、今日から使い始める列車のフランスレイルパスのヴァリデーションをすることです。窓口の案内係に行くと、一番有能そうなお姉さんが忙しいようです。テーブルの上にフランスレイルパスとパスポートを用意して待ちます。テーブルの上にはスタンプも置いてあります。

2017012302.jpg



その有能そうなお姉さんが対応していた乗客の扱いが完了したところで早速、saraiのところに来てくれてフランスレイルパスのヴァリデーションをしてくれます。パスに必要事項を書き込んでくれて、スタンプも押してくれます。

2017012303.jpg



ほっと一安心。これで5日間フランス国鉄のファーストクラスは乗り放題です。これがヴァリデーション済のフランスレイルパスです。このパスで2人が乗れます。362ユーロですが、日本で購入した価格は約5万円ほどでした。それでも、まあリーズナブルな料金ですね。

2017012304.jpg



リヨン駅から地下鉄の14号線でベルシー駅Bercyに行き、そこで1回乗り換えて、6号線でモンパルナス駅Paris Montparnasseに到着。インフォメーションで教えてもらった最上層のホームに行くと、数分後にはシャルトルChartres行の列車が出ます。朝ごはんを購入したいのですが、あきらめて乗り込みます。すぐに発車。まだ、7時40分です。列車はガンガン走り、最初の駅に到着です。駅名を見ると、ベルサイユ駅Gare de Versailles-Chantiersです。

2017012305.jpg



思いがけない駅名にびっくりです。ベルサイユ宮殿の最寄駅ですね。次に停車したのはランブイエ駅Gare de Rambouilletです。ここにはランブイエ城があり、現在は大統領の別邸になっています。第1回先進国首脳会議、いわゆるサミットが最初に開かれたところです。通称ランブイエ・サミットですね。

2017012306.jpg



車内はこんなにがらがらです。折角、ファーストクラスにしたのに今日はあんまり意味がありませんね。

2017012307.jpg



のどかな郊外を走り抜けていきます。

2017012308.jpg



どこまでもまっ平らな農地が続きます。フランスは農業大国です。

2017012309.jpg



やがて、小さな町にさしかかります。

2017012310.jpg



エペルノンÉpernonという初めて聞く名前の町です。ここまでモンパルナスから急行で40分ほどです。シャルトルまで半ばを過ぎました。

2017012311.jpg



また、小さな村々を通り過ぎていきます。

2017012312.jpg



マントノンMaintenonの駅に到着。とても小さな町です。

2017012313.jpg



ジュイJouyの駅に到着。また、小さな町です。

2017012314.jpg



サン=プレストSaint-Prestの駅に到着。いよいよ次の停車駅はシャルトルです。あと5分ほどです。

2017012315.jpg



シャルトルの町にはいっていきます。意外に大きな町ですね。

2017012316.jpg



電車はスピードを緩めて、シャルトルの駅に滑り込んでいきます。

2017012317.jpg



朝8時50分にシャルトル駅に到着。ずいぶん、早く到着しました。モンパルナス駅からは1時間10分ほどでした。

2017012318.jpg



電車を降りると、いきなり、シャルトル大聖堂と思しき建物が目に飛び込んできます。

2017012319.jpg



駅舎の入口の上にも大きな紋章の左に大聖堂の建物が描かれています。シャルトルは間違いなく、大聖堂の町ですね。

2017012320.jpg



さあ、シャルトル大聖堂に向かいましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR