FC2ブログ
 
  

シャルトルの町歩き:美しきサンテニャン教会

2016年7月21日木曜日@パリ~シャルトル/7回目

シャルトルChartresの町歩きをしています。サンテニャン教会Eglise Saint Aignanを訪れているところです。
教会の内部に入ってみます。内部はこじんまりとしています。誰も訪れている人はいません。

2017013001.jpg



これは北側の側廊です。ステンドグラスが並んでいます。

2017013002.jpg



これは南側の側廊。

2017013003.jpg



南側の側廊に小さな像が飾ってあります。近づいて、よく見ると、ジャンヌ・ダルクの像です。

2017013004.jpg



こちらは聖エニャン(サンテニャン)の像です。この教会はこのオルレアンの司教の名前サンテニャンから名付けられています。オルレアンつながりでジャンヌ・ダルクの像も飾ってあるのでしょうか。因みにオルレアンの司教サンテニャンは451年、オルレアンに迫ったアッティラの軍勢から町を守ったことで人々の尊敬を受けた人です。15世紀、百年戦争でイングランドからオルレアンの町を守ったジャンヌ・ダルクと重なるところもありますね。

2017013005.jpg



内陣です。よく見ると、なかなか豪華な内装のようです。

2017013006.jpg



ステンドグラスが素晴らしいです。16~17世紀に制作されたものです。シャルトル大聖堂よりもかなり後に作られたものですね。

2017013007.jpg



マリア被昇天の像とステンドグラスの美しさはどうでしょう。素晴らしいですね。

2017013008.jpg



内陣から後ろを振り返ります。

2017013009.jpg



このステンドグラスも美しいです。

2017013010.jpg



シャルトル大聖堂とは比べものにはなりませんが、観光客も訪れない閑静で美しい教会で心が洗われるような気持ちになります。
また、シャルトルの町歩きを続けましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR