FC2ブログ
 
  

シャルトルの町歩き:美しきゴシックのサン・ピエール教会

2016年7月21日木曜日@パリ~シャルトル/8回目

シャルトルChartresの町歩きをしています。サンテニャン教会Eglise Saint Aignanの内部を見終えました。そこを出て、また、散策を始めます。
グルネ通りRue des Grenetsに戻り、ちょっと進んだところで左に折れて、エタップ・オー・ヴァン広場Place de l'Étape au Vinに出ます。静かな一画です。

2017013101.jpg



広場を進んで、広場の端からテルトル・サン=フランソワTertre Saint-Françoisの階段を下っていきます。階段の途中で急に視界が開け、saraiは配偶者に左のほうを指さします。

2017013102.jpg



サンテニャン教会が内陣のあたりが見えたんです。高台に重厚な姿を見せています。

2017013103.jpg



石段を下り終えると、サン・ピエール通りRue Saint-Pierreの路地にぶつかります。右に折れて、通りを南に進みます。

2017013104.jpg



サン・ピエール通りは途中で名前を変えて、ペシオン通りRue Pétionになります。そして、サン・ピエール広場Place Saint-Pierreにぶつかったところにサン・ピエール教会église St Pierreが堂々とした姿で建っています。

2017013105.jpg



例によって、名票でサン・ピエール教会の名前を確認。

2017013106.jpg



早速、教会の内部に入ります。ゴシック様式の重厚な空間が広がっています。

2017013107.jpg



内陣のほうに歩み寄ります。内陣の高い天井まで開けられた大きなステンドグラス窓から明かるい光が燦々と差し込んで美しい光景を作っています。

2017013108.jpg



何とステンドグラス窓は少し開けられて、外気を入れています。夏の暑さ対策でしょうか。ステンドグラス窓が開けられているのは初めて見ます。

2017013109.jpg



見渡すと、身廊の高いところの窓はみんな開けられています。そもそもステンドグラス窓は羽目殺しだろうと今まで思っていましたが、違うんですね。

2017013110.jpg



もう一度、内陣の上のほうを見上げます。高いところのステンドグラスが大変美しいです。

2017013111.jpg



内陣のあたりから、身廊のほうを見渡します。美しい空間です。

2017013112.jpg



これは聖母マリアの像でしょうか。美しいですね。

2017013113.jpg



十字架のキリスト像もあります。

2017013114.jpg



床の一部を発掘しています。古い時代の名残りを調査しているのでしょうか。この教会も古い歴史を持っているようです。

2017013115.jpg



サン・ピエール教会のゲートタワーの考古学調査だと書かれていますね。何でしょう。色んな過去があるようです。

2017013116.jpg



こちらには、人体の骸骨の写真まであります。発見された成果なのでしょうか。

2017013117.jpg



再び、入ってきたところから、サン・ピエール教会の内部全体を眺めます。誰も訪れる人もいない教会ですが、美しい時間が流れていました。

2017013118.jpg



外に出ると、教会前のサン・ピエール広場は緑と花の綺麗な公園になっています。

2017013119.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2017013120.jpg



見るべき教会は見ることができました。この後はユール川沿いに歩いてみようかな。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR