FC2ブログ
 
  

バレエ《真夏の夜の夢》@ウィーン・フォルクスオーパー 2013.4.19

ウィーンで見るのも定番になりつつあるバレエ。今回はウィーン国立歌劇場ではなく、フォルクスオーパーで見ます。いずれにせよ、ウィーン国立バレエです。ただし、オーケストラがフォルクスオーパー管弦楽団になるのがちょっと残念なところです。

今日のキャストは以下です。

  指揮:ローレンツ・C.アイヒナー
  管弦楽:ウィーン・フォルクスオーパー管弦楽団
  演出・振付:ヨルマ・エロ

  オベロン:ロマン・ラツィク
  ティターニア:オルガ・エシナ
  パック:ミハイル・ソスノヴィッチ
  テセウス:ライアン・ブート
  ヒッポリタ:アレーナ・クロチコヴァ
  ハーミア:プリスカ・ツァイゼル
  ライサンダー:グライク・マシューズ
  ヘレナ:ルイ・タマイ(玉井るい)
  ディミトリウス:ドゥミトル・タラン
  イージウス:アンドレイ・カイダノフスキー

音楽はメンデルスゾーンの劇音楽《真夏の夜の夢》と序曲ですが、バレエ全体の長さに不足するので、第1幕に同じくメンデルスゾーンの《ライ・ブラス序曲》と交響曲第4番《イタリア》、第2幕に《ヴァイオリン協奏曲ホ短調》の第2~3楽章が追加されています。
ほかの振付でも、やはり、同様に長さを補うためにメンデルスゾーンの序曲などが付加されていますが、曲は振付によって、異なります。

あらすじは、ほぼシェークスピアの原作通りです。複雑なストーリー展開ですが、結局は他愛無いロマンチックコメディーです。それを芸術に昇華させたのは天才シェークスピアの類まれなる筆の力です。

このエロ振付では、特にパックの役割が大きく、狂言回しを飛び越して、まさに主役です。それを踊ったミハイルの素晴らしさには、脱帽です。上半身裸で、身のこなしがおどけているようで、実に美しく、舞台を端から端まで駆け巡ります。場面転換で幕が下りると、必ず、幕の前に立ち、奇妙な動作で魅了します。そして、その彼の周りには、決まって、電飾で光っている小妖精(子供)たちが取り囲みます。これは原作にはありませんね。ともかく、仕草、顔の表情、ステップ、ジャンプ、すべてが見事でパーフェクトなダンスでした。

次いで、男女の妖精たちの群舞も美しいものでした。特に第1幕、《ライ・ブラス序曲》と交響曲第4番《イタリア》の第2~4楽章までは、舞台があまりピリッとした感じがありませんでしたが、《真夏の夜の夢》序曲が始まると、見事な群舞で実に華やかなシーンが展開されます。これこそ、バレエの醍醐味って感じです。第2幕の結婚行進曲のシーンでの群舞も見事でした。

さて、このバレエでは、ティターニアの踊りも楽しみなところ。今日はオルガ・エシナが踊ります。長身の彼女はスタイル抜群で、美人。立っているだけでも、絵になりますが、ステップ、ターン、すべてが美しく、群舞の間にはいっても、ひときわ、目立ちます。妖精の女王の貫禄も感じられますが、妖精の可愛らしさという面では、イリーナ・ツィンバルに軍配があがるそうです。はっぱさんのお話では、イリーナのティターニアは可愛らしく、妖艶だったそうですから、それも見てみたいものです。まあ、大人の女性の美しさを十分見せてくれたオルガにも満足でした。

ヘレナを踊った日本人バレリーナの玉井るいさんはコケティッシュな仕草と切れのよい踊りで、ヘレナ役を役割以上に魅力的に見せていました。今後の検討を祈りましょう。
ハーミア役のプリスカ・ツァイゼルは、まだ17歳だそうで、踊りもまだ未完成な部分が見られましたが、容姿の美しさは抜群です。彼女も今後が楽しみですね。

シェークスピアの名作をベースに楽しく、美しいバレエに堪能した一夜でした。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR