FC2ブログ
 
  

パリのノートルダム大聖堂:高く、険しい鐘楼上りに挑戦

2016年7月21日木曜日@パリ~シャルトル/15回目

パリのシテ島Citéのノートルダム大聖堂Cathédrale Notre-Dame de Parisの訪問を終えましたが、今回はこれから、初めての挑戦として鐘楼の上に上ってみます。高いところに上るのが大好きなsaraiですからね。鐘楼への上り口は大聖堂の外にあるようです。いったん、外に出て、右側のほうに周ります。大聖堂の北側のクロワトル・ノートルダム通りRue du Cloître Notre Dameに上り口があります。目の前には大聖堂の北側の壁が聳え立ちます。

2017020801.jpg



しかし、鐘楼に上る人たちが大行列を作っています。しかも行列は停滞しているようで、みなさん疲れ切った様子で鉄柵前に座り込んでいます。

2017020802.jpg



延々と1時間ほど、この大行列に並び、ようやく、鐘楼に上る入口のチケット窓口に到達。

2017020803.jpg



チケットを購入。一人10ユーロとなかなか高額です。こんなに行列ができているので、相当儲かっていますね。

2017020804.jpg



そうそう、行列に並んでいるときに整理のおじさんがパンフレットをくれました。ちゃんと日本語版です。内容を予習しながら行列できたので、これは親切ですね。もっとも、整理のおじさんは鉄柵前に座らないで、ちゃんと行列に並ぶようにも指導していました。行列が長くならないようにとの配慮のようですが、ずっと立っているのは疲れます。おじさんの目を盗んで、時々、座っていました。

2017020805.jpg



長い長い螺旋階段を上って、北塔の鐘楼の下まで上ります。もう、そこまでで既に足はがくがくですが、まだ、これで半分ほど上っただけです。見取り図の2番の部分まできました。

2017020806.jpg



ここはキマイラの回廊と呼ばれる部分で地上46メートルのところ。キマイラという名は欄干の角部に飾られた彫刻に由来しています。19世紀にヴィオレ・ル・デュクによって、架空の鳥、異形動物、架空の怪物が創造されました。確かに変な彫刻です。その彫刻の間から、ちらっとモンマルトルMontmartreの丘のサクレクール寺院Sacré-Cœurも見えます。左にはサント・シャペルSainte Chapelleの美しい塔も見下ろせます。

2017020807.jpg



金網の間からシテ島のゴージャスな建物群を撮影します。

2017020808.jpg



大聖堂前広場のずっと先にはエッフェル塔も見えています。

2017020809.jpg



大聖堂前広場には、まだ長い行列ができています。さっき来たときよりも行列が長くなっています。まあ、鍾塔に上る行列よりも短いですけどね。

2017020810.jpg



このキマイラの回廊で小休止も兼ねて、景色を楽しみます。もっとも、ここからは西の方角の景色しか眺められません。

2017020811.jpg



セーヌ川とエッフェル塔だけを飽きずに眺めます。

2017020812.jpg



エッフェル塔をズームアップします。

2017020813.jpg



エッフェル塔の左には金色に輝くアンヴァリッドInvalidesも見えます。

2017020814.jpg



キマイラの回廊の中央部分にいます。ここから南塔まで回廊は伸びています。

2017020815.jpg



北塔と南塔の間から東のほうを眺めます。身廊の屋根がちょうど目の高さにあります。

2017020816.jpg



そろそろ、南塔に移動します。

2017020817.jpg



南塔のまわりの奇怪な彫像を眺めます。

2017020818.jpg



これは南塔の東側にいる彫像たちです。身廊の屋根の上にいる聖人の彫像と好対照ですね。

2017020819.jpg



とかげのようなものを食べている、おぞましい怪物です。

2017020820.jpg



怪物彫刻を眺めながら、ようやく、呼吸が整ってきました。そろそろ、鐘楼に上りましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR