fc2ブログ
 
  

パリのノートルダム大聖堂:鐘楼の最上部からの絶景

2016年7月21日木曜日@パリ~シャルトル/16回目

パリのシテ島Citéのノートルダム大聖堂Cathédrale Notre-Dame de Parisの鐘楼上りに挑戦しているところです。現在、半分ほど上ったところにあるキマイラの回廊の南塔付近にきています。以下の見取り図の4番あたりです。

2017020806.jpg



南塔の周りに配置されている奇怪な彫像に見入っています。

2017020901.jpg



近くには、この化け物たちを見張っているかのような天使像もあるのがご愛嬌です。

2017020902.jpg



南塔の鐘楼に配置されている大聖堂最大の鐘を見にいきます。

2017020903.jpg



鐘楼を少し上ると、巨大な鐘があります。17世紀に制作された、この鐘は「エマニュエル」という名前で呼ばれています。約13トンも重量があるそうです。

2017020904.jpg



鐘を間近に見ます。鍾舌の重さも500キロあるそうです。ただ、この鐘は日常的には鳴らされず、宗教的な重要行事のときだけ、鳴らされるそうです。毎日鳴らされるのは北塔にある4つの鐘です。

2017020905.jpg



このまま、鐘楼を上れるのかと思っていたら、ここは行き止まり。いったん、鐘楼を下りて、また、キマイラの回廊の部分から、螺旋階段をヒーヒー言いながら上ります。傍らの怪物たちの彫像が応援してくれているかのようです。

2017020906.jpg



遂に南塔の最上部に達します。周りにはパノラマの絶景が広がります。西側を見ています。セーヌ川を行く観光船、アンヴァリッド、エッフェル塔が見えています。さらに遥か彼方にはデファンスのグランド・アルシェ(新凱旋門)も見えています。

2017020907.jpg



視線を右に向けて、西側を眺めると、シテ島内のサント・シャペル、パリ市立病院、裁判所が見え、その先にルーブル美術館、そして、凱旋門がグランド・アルシェ(新凱旋門)と重なるようにして見えています。右手にはモンマルトルの丘に立つサクレクール寺院も堂々たる姿を見せています。

2017020908.jpg



サクレクール寺院をズームアップして見てみましょう。

2017020909.jpg



引いて見ると、サクレクール寺院はこんなにちっぽけに見えています。

2017020910.jpg



東側に目を転じると、セーヌ川の向こうにサン・ジェルヴェ・サン・プロテ教会Église Saint-Gervais、右手にはサン・ルイ島の端が見えます。サン・ルイ島に架かるのはルイ・フィリップ橋Pont Louis Philippeです。

2017020911.jpg



また、北側を見ると、シテ島のサント・シャペルの右手にセーヌ川に架かるシャンジュ橋、その袂にシャトレ座の建物が見えます。

2017020912.jpg



東側には、身廊の屋根の上に、身廊と袖廊の交差部に配された尖塔が見えます。前あったものはフランス大革命期に破壊されましたが、そのときにあった小さな尖塔に代わって、ル・デュクによって、現在の尖塔が造り直されました。尖塔の両側には、12使徒の彫像が立っています。尖塔の向こうにはサン・ルイ島が見えています。

2017020913.jpg



見れば見るほど、色んなものが見えます。パリの中心のシテ島からの景色は最高です。まだ、しばらく絶景を楽しみましょう。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai

昨日は祝日でゆっくりオンライン視聴できました。

全盛期から技術的衰えはあると思いましたが、彼のベートーヴェンは何故こう素晴らしいのか…高齢のピアニストとは思えな

03/21 08:03 

《あ》さん、再度のコメント、ありがとうございます。

ブッフビンダーの音色、特に中音域から高音域にかけての音色は会場でもでも一際、印象的です。さすがに爪が当たる音

03/21 00:27 sarai

ブッフビンダーの音色は本当に美しいですね。このライブストリーミングは爪が鍵盤に当たる音まで捉えていて驚きました。会場ではどうでしょうか?

実は初めて聴いたのはブ

03/19 08:00 
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR