fc2ブログ
 
  

ルーアン大聖堂&ル・アーヴル:サン・ラザール駅からルーアンへ

2016年7月22日金曜日@パリ~ルーアン大聖堂&ル・アーヴル/1回目

ノートルダム大聖堂巡りの2日目。今日はルーアン大聖堂を訪れます。帰りにル・アーヴルの町にも立ち寄ってきます。今日の予定ルートを地図で確認しておきましょう。

2017021201.jpg



今日もsaraiらしくなく、朝早く起きてしまったので、予定していた電車のうち、最も早い時間の電車に乗ることにします。今日はモネゆかりのサン・ラザール駅Paris Saint-Lazareから電車に乗ります。今日もうす曇。昨日よりさらに涼しいです。元気よく出かけましょう。ホテルはリヨン駅Paris Gare de Lyonの前なので、14号線のメトロでサン・ラザール駅に向かいます。あらかじめ、10枚セットのチケットのカルネCarnetを購入済みなので、それを使って、メトロで移動。

2017021202.jpg



サン・ラザール駅にはすぐ到着しますが、この駅に来るのは初めてなので、ちょっとホームを探してしまいますが、この駅の最上層のホームがフランス国鉄SNCFの長距離電車の発着ホームです。

2017021203.jpg



乗車予定のルーアンRouen行電車は18番線から出ます。この電車は最終目的地がル・アーヴルLe Havreであるインターシティです。配偶者が朝食用のパンとコーヒーをホーム内のショップで調達してくれます。

2017021204.jpg



ハムやシーチキンをはさんだサンドイッチが主流ですが、はさむパンはフランスパンのみというのがフランスらしいですね。

2017021205.jpg



コーヒーを注文すると、何も聞かれずにエスプレッソが出てきます。これもフランス流かな。さあ、乗車しましょう。

2017021206.jpg



今日の電車はインターシティだけあって、ファーストクラスは2列+1列のゆったり配置。車内はガラガラ。席は選び放題です。

2017021207.jpg



エアコンもガンガン効いていて、寒いくらいで上着を着込みます。快適な鉄道の旅です。購入した朝食を早速、テーブルに広げます。若くない我々にはこれで十分過ぎるほどの朝食です。

2017021208.jpg



席に落ち着く間もなく、電車がごとごとと動き始めます。

2017021209.jpg



電車はそろそろとサン・ラザール駅を離れていきます。

2017021210.jpg



やがて、電車は郊外に出て、周りは緑にあふれます。

2017021211.jpg



電車はセーヌ川にさしかかります。

2017021212.jpg



セーヌ川の鉄橋を渡ります。朝のセーヌ川は静かな雰囲気に満ちています。

2017021213.jpg



電車はセーヌ川を離れて、朝の光の中、緑の野原を走っていきます。

2017021214.jpg



車窓を眺めていた配偶者が「この電車でどこまで行くんだっけ?」って訊くので、saraiは「これでルーアンまで行って、ルーアンの見物が終わったら、早めの電車でル・アーヴルまで行くよ」と答えます。すると配偶者は「この電車はどれくらい乗るの?」って訊くので、saraiは「ルーアンまでは1時間ちょっとでまた、ルーアンからル・アーヴルまでは1時間くらいだよ」と答えます。すると配偶者は「それなら最初にル・アーヴルまで行っちゃえばいいんじゃないの?ごはんもル・アーヴルで食べる予定なんだから、ランチにしたほうが安上がりなんじゃない?」という鋭い突っ込みです。saraiは本来、ルーアンでノートルダム大聖堂(ルーアン大聖堂の正式名称です)を見ることが今日の目的で、ル・アーヴルに行くのは付録なので、重要度の順番にしていましたが、言われてみれば、それはそうかもね。ということで、急遽、行先をルーアンからル・アーヴルに変更することにします。と言ったって、ルーアンで降りずにル・アーヴルまでこの電車に乗って行くだけのことです。帰りの電車の時間を調べていませんが、ル・アーヴル到着時に駅で調べればいいでしょう。じゃあ、ゆっくりと2時間の鉄道の旅を楽しみましょう。通路を挟んで隣の席には、7ヶ月ほどの赤ちゃんと2歳くらいの子を連れたママの3人が座っています。あまり子供好きではない私たちですが、なぜか気に入られてしまう配偶者。時々相手をしながらの旅となります。周りは田舎の風景が続きます。綺麗な山間の町を通り過ぎていきます。

2017021215.jpg



しばらくすると、車窓には麦畑が広がっています。

2017021216.jpg



基本的にセーヌ川に沿って、電車が走ってきましたが、また、セーヌ川を渡ります。セーヌ川はずい分、蛇行しているんですね。川を渡ると、ルーアンです。ちらっと教会の尖塔が見えていますが、あれがルーアン大聖堂でしょう。

2017021217.jpg



ルーアン=リヴ=ドロワ駅Gare de Rouen Rive Droiteに到着。パリのサン・ラザール駅から1時間ほどです。本来ならば、ここで降りるところですが、このまま乗って、ル・アーヴルに向かいます。

2017021218.jpg



ル・アーヴルまではまだ1時間ほどかかります。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai

昨日は祝日でゆっくりオンライン視聴できました。

全盛期から技術的衰えはあると思いましたが、彼のベートーヴェンは何故こう素晴らしいのか…高齢のピアニストとは思えな

03/21 08:03 

《あ》さん、再度のコメント、ありがとうございます。

ブッフビンダーの音色、特に中音域から高音域にかけての音色は会場でもでも一際、印象的です。さすがに爪が当たる音

03/21 00:27 sarai

ブッフビンダーの音色は本当に美しいですね。このライブストリーミングは爪が鍵盤に当たる音まで捉えていて驚きました。会場ではどうでしょうか?

実は初めて聴いたのはブ

03/19 08:00 
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR